この食材が主役のレシピ記事を投稿!
更新日時 : 2017-11-21 00:11:51

「イチジク(無花果)いちじく」料理レシピで、献立の参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルなレシピのブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

チーズの塩気で無花果も野菜も美味しい♪ あとはパンとワインがあれば…。

いちじくの冷たいパスタ上のパスタと同じ味で、作ってみました。いちじくとも相性ぴったり!!色が可愛いよ

鍋にハチミツとレモン汁、塩少量を入れ、2を加えて軽く煮る。仕上げにバターを落として溶かし混ぜる。切り分けた鴨肉とイチジクを彩りよく盛り付ける

無花果を入れてあるので、断面がまたまたかわいい!こういうところがまたお菓子作りの楽しいところ。

つぶつぶの種がプチプチと口の中で弾けるイチジクジャムです♪焼き立てパンにぬったり、ヨーグルトに入れたり、タルトなどのお菓子に使ったり・・・

砂糖はあまり使いたくないので、食べ切れる量を、ハチミツや水あめを使用したり、それさえ入れずに、イチジクだけで作ったりします。

ドライ無花果を使ったパイ!パイ生地は市販品でもおいしくいただけます。

いちじくを使った秋らしいサラダです。ワインとともにどうぞ。

ショルダーハムとダナブルーの塩味がまず口の中で広がって、イチジクの甘みも加わるので いくらでも食べられてしまうサラダです。

シェフ・ジェイミー・オリバーの、"世界一簡単でセクシーなサラダ"からヒントを得て作ってみました。食卓が華やかになります。

塩、黒こしょうをして、230℃に温めておいたオーブンでチーズがこんがりするまで約15分焼きます。3焼き上がりに赤ワインビネガーをふりかけタイムを添えます。

溶けたゼラチンを氷水を当てて冷やし、とろみがでてきたらイチジクの上からハケで塗る。ミントを飾って完成〜!

 いちじくのまったりとした甘さと、塩味のきいた生ハムのコンビネーションが絶妙な一品です。

ワインの風味といちじくの食感が堪能できるデザートです。今回は、シロップを使ってゆるいジュレも作って一緒にいただきました。

最後に冷やしたいちじくを皿に載せソースをかけクリームをトッピングしてまたソースをかける。これで完成です。ちょっと大人の味って感じなデザート。

うまい。。。思ったより生地がふわふわして、粘りがあるもんだなー。結構大人向けのパンだと思うのだけど、娘は喜んでパクパク食べてくれた。嬉しい。

いちじくのまっつたりな甘さ・粒々の食感と、クルミの芳ばしいカリカリが、相性抜群♪

仕上がりはイチゴジャムより薄く透きとおった、きれいなピンク色に仕上がります。味は濃縮されるので、そのまま食べるより濃厚になります。

190度に暖めておいたオーブンで、25〜30分焼きます。基本的には、スコーンです。その夜、ワインと一緒に食べたら、おいしかったです。

ふるった小麦粉と刻んだセミドライいちじくを加えてゴムベラで混ぜます。型に流して、予熱した180℃のオーブンで15〜20分焼く。

簡単なのでちょっとレシピなど。タルト皿にバターを塗って、生地を流し込む。好きな形に切っておいたイチジクを生地の上に並べて焼く(40分)

紅茶風味のコンポート&ジャムです。無花果の自然な甘さを生かすため、砂糖は極力控えめに。

10分で準備。焼くのに約20分の簡単レシピです。イチジクの甘味とチョリソの塩味が魅力的に溶け合って美味ですよ。

食べられない人でも大丈夫なように「ワイン煮」にしてみました。皮付きのまま煮るのだけど、全然OKです。痒くなることもありませんよ

市販のものより、ちょっととろみが柔らかい感じがしますが、ヨーグルトの相性は抜群です(*'ー'*)

沸騰したら弱火にして20分〜30分煮ます。煮上がったらそのまま一晩漬けておきます。冷蔵庫でよく冷やしてお召し上がり下さい。

沸騰したら紙の落し蓋をして1〜2分煮て、火を止め、そのまま冷やす。煮汁ごと冷蔵庫に入れて冷やす。

バターが少なくそしてとても簡単(あまり簡単なので御紹介するの迷った)。トウモロコシの粉も入っているので無花果と共にプチプチの食べ心地です。

カテゴリ:果物/フルーツ/ナッツ|テーマ:イチジク(無花果)いちじく|更新日時:2017-11-21 08:11:23

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>