この食材が主役のレシピ記事を投稿!
更新日時 : 2017-07-20 21:07:41

「やまうど(山独活)ヤマウド」料理レシピで、献立の参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルなレシピのブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

ただの「混ぜごはん」とはいえ、芽吹いたばかりの「山うど」の豊かな香りを堪能するにはピッタリの1品だと、私は思っています

「山うど」や「ふき」を使った変わったレシピはないでしょうか?今回は、チャーハンを作ってみました。コクを桜海老が助けてくれるような感じです。

独特の爽やかな香りと食感が美味しいウドは、厚めに皮をむいてサラダでシャキシャキ食感の食材を合わせました。甘辛いコチュジャンソースとの相性もいいですよ

しっとりふっくらカレイの身と、さわやかなウドの香りがウマ♪魚の煮つけは、霜降りと強めの火で短時間で仕上げることがポイントです。

ゴボウもウドも香りの強い野菜だけど、けんかせずにうま〜くまとまっておいしかった。食物繊維もたっぷりなデトックス効果ありありな一品です

豚は片栗粉をまぶしてから湯にくぐらせるので、味も逃げず、ふんわりつるん、ウドはシャキシャキ。コクのある味付けで、ビール純米酒芋焼酎などにどうぞ。

よく水を切ったウドを、酢味噌に和えて、出来上がりぃ私は、すりゴマを入れるのが好き

見た目はさわやかではありませんが、食べると独活の香りがさわやかです

山うどはスーパーに売ってる白いウドとは違い、緑色で香りもずっといいです。その山うどを使って・・・うどは捨てるところがありません。

「ホタルイカと山うどの酢味噌和え」旬のホタルイカと山うどの香りが春らしい一品。

山菜は油と相性がいいので、葉っぱ部分は炒めて使う事にしました☆塩味が効いてて、絶妙〜☆クゥ〜♪

[山独活&筍のきんぴら]山独活…どうやったら美味しいのか、いろいろ検索して調べました。で、昨日の晩御飯は山独活&筍尽くしのメニューに。

冷めた方がすきです。凝った料理より、野菜はシンプルに食べるのが一番美味しいな。本当に美味しい野菜なら 塩かけただけで十分。

とりあえずは、サラダにしたよー彩塩柚子塩 で作ったドレッシングと、香ばしいジャコがいいアクセントになってます。それにしても、オトナな味。

甘苦い味といい、みずみずしい食感といいまるで南国フルーツのよう。これは、またまた発見。野菜は切り方によって食感が変わるところが面白い。

クリームチーズの酸味がさわやかで、ほろほろした食感もとてもおいしく、生姜でまとめた味付けも春らしいパスタでした。

ウドと三つ葉で和風ボンゴレに仕上げました。ウドは、さっと湯がく程度にすると、香りも歯ごたえも良く、『春のボンゴレ』って感じになります。

蓋をしてそのまま冷まし、味を含ませる。※うどは、すぐに火が通りますので、煮すぎないよう気をつけてくださいね〜。

牛のバラ肉を煮て醤油などで味付けします。 春にはない凍み豆腐も加えます。凍み豆腐は味がしみて似合いの食材です。  盛り付けて、できあがりです。

独活は三杯酢で和えることが多いようだが、胡桃味噌和えは酒のあてにも大変良いですよ。手軽に出来ますので、お試しあれ!

うどを加えて、よく和えれば出来上がりです。三つ葉などの青菜を散らすと、見た目にもきれいです。

これもまた汁がとってもおいしいのでパンなどを添えて召し上がれw このレシピで味を濃い目に作って茹でたパスタに絡めてもすごく美味しいですよ^^

香りもごちそうなので、ゴマ油など香りの強い油だと、山うどの香りが死んでしまうのでサラダ油などがよろしいかと思います。

しっとりササミとシャキシャキのウドが、ウマ♪爽やかなウドの香りに、味噌マヨがよく合います!皮や細い軸は固いので、先に炒めておきましょう。

強火にして煮たてたところに、溶き卵を入れて火を止める・蓋をして1〜2分蒸らす(これで半熟卵になる。卵の堅さはお好みで)・ご飯にのせて小ネギを散らす

酢の物で食べることの多いウドですが、バターとの相性がよいね。今回は豚バラと合わせ、チーズとバターで炒めました。香りと風味が素晴らしい炒め物に仕上がりました。

今回は筍を若干大きめに切ってみました♡柔らかいけどシャキシャキの筍はもちろん♪

先日の山独活うどできんぴらです。剥いた皮、芯の部分をとりにくいところ、枝などを刻んで、きんぴらにします。

そろそろ暖かくなってきて、春野菜もお手ごろ価格。今日は、春になると必ず作る混ぜご飯。

独活の酢味噌和え。実は初めて独活を食べました〜。今まで食べる機会がなくて。。。食べてびっくり風味が独特だね〜。

ジュノベ自体は珍しくないけどサザエと合わせるとまたこれが良い感じ 元々貝類とニンニクは相性がいいし、ウドを加えてかさまししました(笑

とにかく手際よくとっとと調理。これは独活に火を通しすぎないのがポイントです。ほんのり独活の春らしい香りがして美味しかったです!

すり鉢でごまを擂った後、砂糖と味噌そして梅干を入れて擂り、最後に酢を入れてよく混ぜてください。ぁ´,豊を和えたら出来上がりです。

日本酒にあいます。春の山独活を酢味噌でどうぞ。酢味噌は白味噌と言われますが、ご家庭で普段使っている味噌でよいと思います。

ウドが春を連れてきてくれるサラダです。  サラダといわず、ちょっと洋風な胡麻和えともいえるかも・・・。

ウドを使った簡単なご飯のおともを紹介します。ウドの皮は厚めにむいて、細かく切ってつかいました。春の香りを楽しめる一品です

酢味噌和えもいいし天ぷらもいいんだけど・・・今日はちょっとピリッとわさびを効かせてみましたd(^▽^すごい辛いわけではなく、練りゴマで辛さは緩和してます。

葉先部分は、天ぷらにちょっと塩をして食べるのが好きです。茎の部分はいつもワンパターンの酢味噌和え(^^ゞ それ以外の食べ方もmemoです。

やまうど、ホワイトアスパラ、ちりめんきゃべつ、ポアローねぎ、どれも冬から春にかけておいしい野菜で、少し苦みがあるのが特徴です。

スーパーではちゃんと野菜コーナーに並んでいるのですよね。春の野菜です。これも旬のもの。シャキシャキ感を味わいました♪

春になるといろんなものが芽吹いてきますね。冬に体の中にたまったものを体外に排出してくれるそうですよ。季節のものを頂きましょう(^▽^)

[鶏しゃぶ]高たんぱく低カロリーのメニュー。スープの中にちょこっと紹興酒を入れるのがポイント。

ウドは香りを楽しむ食材だと思うので、あまり主張しない、カッテージチーズと一緒にちょっとワサビを効かせた、マヨネーズと和えました。

昨日のサラダで余った皮を使ってます。生ごみも少なく、エコ料理ウド一本。あっと言う間に、なくなったー。

火が通ったら春雨を入れ酒・醤油・砂糖・コショウで味付けをして最後にセリを入れ完成。

スパゲティをゆでる。ゆで上がり1分前にタラの芽30秒前に山うど、うるいを入れて一緒にゆでる(3)「バジリコ」と(2)をあえる

山うどの酢味噌和えにゴマを入れてアレンジしてみました。まじ。うまいっ!!酢味噌和えにするとうどの香りが全然消えず、春の香りを満喫

うどの皮は、香りが強いし栄養があるのできんぴらにしてたべるとおいしいよ♪

爽やかな春の香りと、胡麻の香しさが最高でした。酢の物大好きな私は、いつも合わせ酢まで、飲んでしまいます。

よく温めた鍋に少し大めの油を熱し、緑の部分から入れていく。しんなりしてきたら味醂、しょう油の順に入れる。(好みで鷹の爪)

[バルサミコ&しょうゆ和え]サイドはさっぱりしたお魚&お野菜メニュー。まぐろのお刺身の食感に、しゃっきり山うどのスライスがとってもマッチ。

隣に置いてあったクミンシードパウダーも入れてみました。スパイスの効いたウドの炒め物となる。なかなか美味しい。

こんにゃくと一緒に煮てみました。とっても簡単でした。うどのかおりと味に、野生?を感じました。やっぱり、旬のものは美味しいです♪

相変わらず山ウドを使っておりますが、今日は定番のきんぴらともう一品。「山ウドのおかかクリームチーズあえ」です。

先日、ふきのとうを使ったふき味噌の記事をご紹介しましたが、今日は私たち夫婦の好物、うどを使った一品をアップします

草木が一斉に芽吹いて 山菜の季節到来 今日は 香りの強い山独活(やまうど)を酒肴に ちょいと 一杯 日本酒を!

カテゴリ:野草/山菜/茸/きのこ|テーマ:やまうど(山独活)ヤマウド|更新日時:2017-07-07 03:07:20

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>