この食材が主役のレシピ記事を投稿!
更新日時 : 2017-04-16 21:04:32

「パプリカ/カラーピーマン(ぱぷりか)」料理レシピで、献立の参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルなレシピのブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

鶏もも肉を細めに切ってパプリカグリーンアスパラと一緒に炒めましたフライパン一つでできる簡単料理です

卵サラダの味付けは、しっかりめがオススメです☆もしくは、仕上げにちょっぴりケチャップかけてもOKです

チリビーンズを大量に作っていたのでキッシュに入れて  彩りもきれい。野菜もたっぷり新しい味です。

冷蔵庫にあった半端野菜たちを、焼いておろしポン酢で食べる簡単副菜ですアスパラやじゃがいも等でもおいしいですね

カマンベールチーズは食べやすいサイズに切る。3)レタスは手でちぎる。4)皿に盛り、aの材料を混ぜかける。

パプリカはオーブンでじっくりと熱を通すと、甘味がぐっと引き立ち味も濃厚になります。それを豆乳クリームでヘルシーにまったりとしたソースにしました

柔らかくあま〜く焼けたパプリカと香ばしいスパゲッティ。焼いた野菜好きとしてはたまらないおいしさです。

揚げたお野菜がすごーく美味しいの♪一手間かけた分だけ美味しいカレーに仕上がりました。 でもちょっとカロリーが・・・

全部まとめて盛るよりも、どこかオシャレな感じ。^^一つずつの食材を味わいながら食べたくなります。いや〜、どれも美味しかった〜。

キャベツの甘みと椎茸の旨味でとっても美味しい炒め物になりました。

お酢は家族全員大好きだし、息子もお酢を使った料理だとモリモリお肉を食べてくれるのです。という事で、お肉と野菜の黒酢あん。

甜麺醤を多めにしてにんにくではなく生姜を使いました。テキトーに作ったわりにはうまくまとまってくれて白いご飯が進みました。

具だくさんのオムレツですこれ結構、難しいです(笑)オムレツ型にしないで卵焼きのようにしたほうが巻きやすいです

酸味とコクが加わって美味しいです。じゃがいもとかで作るとホットサラダっぽくなるかもしれませんね。

茄子とパプリカをさっと焼いてからトマトソースで煮込みましたパプリカの甘さが引き立つ料理ですよ

豚肉を酒や醤油につけ込んで下味をつけてます。^o^味噌の加減はそれを考慮して決めてくださいね。気をつけないとしょっぱくなっちゃいます。^^;

はあまーい肉厚のパプリカを使った、ちょっと中華風な炒め物です塩味の焼き肉のタレでさっぱりとどうぞ

菜の花、カリフラワー、蓮根、グリーンアスパラといった春の香りいっぱいの野菜をベーコンと一緒にアーリオ・オーリオにしました。

・パプリカはスライスする。・砂糖・醤油・を混ぜ合わせ、ゴマ・マヨを加えたらパプリカを和えて出来上がり♪

これまで赤ピーマンは炒めるか、マリネにするなどして彩りとして使っていたのですが、焼くとこんなに甘くて美味しいおつまみになることを教えてくれたタパスです。

作った直後はちょっと辛かったけど、時間がたつとまろやかになって、美味しくなりました。

見た目カラフルにこだわった炒め物を作りました。素材の味を活かした、味付けです。緑黄色野菜の栄養たっぷりの、体にも嬉しいお料理です。

十分柔らかくなったらフードプロセッサでペースト状にします。最後にまだ暖かいところに白ワインビネガーを入れ優しい酸味をプラスします。

そのまま調味料類を使わずにサラダにしてみました。グレープフルーツの果汁だけで、とっても美味しくいただけました♪

ソースを作ります。材料を耐熱容器に入れ、レンジで加熱します。肉詰めとソースを盛り付けて出来上がり(^^)v

甘いパプリカにピリッと唐辛子、生クリームほど重くないフレッシュチーズのソースがナイス!

鶏肉にまぶした小麦粉の効果かいつもよりはとろみが付いて、トマトシチューのようなものになりました。味付けはなるべくシンプルにしてトッピングで遊んでみました

けっこう凝っている風に見えますが(見える?)かなり短時間でできるし とっても簡単☆そして子供うけもすごくよかったです

パプリカは2色を1/2個ずつにすると彩りもキレイ☆※ごはんは玄米や十穀米にすると、よりカフェ風に♪

ピーマンを入れる前に調味料を入れると玉ねぎとお肉にコックリと味がついて美味しいですみんな途中からごはんに乗っけてパクパクいただきました

パプリカは焼くと中においしい甘い汁がたまります。炒めるときに、この汁もぜひ加えてください。

粉チーズをふんだんに使って、きのこたっぷりリゾットを作りました。 お陰でコクのある美味しいリゾットが出来ました

ゴマはたっぷり入れてくださいね!!豚肉を入れなくてもおいしいと思います。パプリカってサラダやマリネって感じですが、ご飯がススム一品になりますよ♪

春巻きの皮に芝海老、インゲン、パプリカなどを入れて揚げ焼きにしました子どもは、チーズハム春巻きがやっぱり好きなようです

トマトの汁気があるから、リゾット風。赤ピーマンの赤い色がかわいらしい。

これから暑い季節には、冷製パスタがチュルチュルっと食べやすいな♪夏野菜もマリネにしたので、程良い酸味でさらに食がすすみます☆

肉厚のパプリカが手に入ったらに是非!見た目にも鮮やかなこってりパスタです。

バルサミコとペッパー・ガーリックの風味がとても美味しいパスタになりました。

ニンニクを加えてコクを出してもOK、挽き肉を足してボリュームアップしてもOKです。豆を予め水煮して冷凍しておけば、手間いらずであっという間にできてしまう一品です

茹でた素麺を塩昆布とともに炒めました塩昆布の塩味で味付けはほとんどいりません野菜の旨味を楽しんでくださいね

パプリカをしっかりいて皮を剥いて白ワインビネガーやバルサミコ酢のソースに漬けこんでいただきます 酸味と甘みが交わって食欲が増しますよ〜

豚バラ肉とジャガイモを生姜焼き風の味付けにしてみました揚げポテトに甘辛い出汁が浸みこんで子どもたちは喜んで食べてました

油がたらなければここで少量を足すし全体に溶き卵をまわしかける。4・塩、こしょう、オイスターソースで味付けをし出来上がり

豚肉の柔らかみが残っていて、野菜のシャキシャキ感も楽しい美味しさ 少しピリ辛のタレがご飯にも、ビールのつまみにもピッタリです

色がきれいでボリュームもあるマリネです。おいしいバルサミコを使った方が良いです。

茹で上がったパスタの水気を切ってソースに加えてよく混ぜ器に盛ってから上にポーチドエッグをトッピング。粉チーズを振ってできあがり。

中に入れるミンチにしっかりと味をつけるので、ソースをかけずに食べる事が出来ます。パプリカの中に詰めたらオーブンで焼くだけ。

今日も揚げずに作る簡単レシピ。旨みをプラスするために、玉ねぎとセロリも加えて♪旦那が甘酢がさほど好みでないので、酸味は控えめに作った甘酢あんです。

ほんのりハーブ風味の甘酸っぱい味でおいしかったです。フライパンひとつで簡単にできちゃうし、お野菜が足りないときのもう一品にぴったりです!

野菜に火が通って量が減ったところにオイスターソースを加え、全体に味がまわったら盛る。白髪ネギをトッピングして食べる。

パプリカをいただいたので、ご飯を詰めて、チーズ焼きにしてみました。ちょっとおしゃれでしょ。お味もなかなかでしたよ。

 お昼なんにしようかと思っていたので、早速バジル味噌ディップを作ってみました。

パプリカの甘味と食感をストレートに味わう一皿。ファルファッレのぷりっとした歯ごたえ、クリームのまったりした感じは上出来。

パプリカにはビタミンCがたっぷり。パプリカは果肉が厚いため、加熱してもビタミンCが破壊されにくいという特徴をもっているんですよ。

今日はスープたっぷりで作ってみました。パンを浸して食べても美味しいです。

今回は赤パプリカが旬なのでパプリカを添えてお酢が油を吸収してくれる、、ような気がします^^;

鶏肉とパプリカのカレーケチャップ炒め、玉子焼き、ブロッコリー。鶏肉、パプリカを炒めてカレー粉、ケチャップ、醤油、ミリンで味付けました。

たっぷり振ったパプリカの味と香りが、大人の味覚です。ソースはフランスパンに付けながら食べると、最高の相性です。

野菜炒めだけど野菜炒めじゃないような?夏野菜をたっぷり使った、ちょっと変わった1品です。

夏らしい一品が出来ました〜☆カラフルな野菜とホタテ缶を使ってゼリー寄せにしてみました。

冷蔵庫に残っていた野菜を使った丼ものを作ってみました。かぼちゃ、パプリカ、茄子といった彩りも鮮やかな素材をベースにした夏バテ予防がっつりメニューです。

ついつい、赤・黄・オレンジの3色が欲しくなって買っちゃいました。 そんなパプリカと牛肉をオイスターソースで炒めた簡単な一品です♪

お肉と一緒なら食べてくれるのでは?と作ってみました。つけタレがあっさりとしているので、パクパクと食べられます。

パプリカが甘い。タルタルソースは思ったより味に影響しなかった。

ポン酢しょうゆとマヨの絶妙な味加減。オリーブの種は、真ん中に切り込みを入れると案外簡単に取れた。

挽肉はカリカリになるまで炒めるとクセがとれて美味しくなりますよ。ご飯にかけて丼でもどうぞ!!

パプリカは香りと甘みがあるためソースとしてなかなかいい仕事をしてくれます。多少表現しづらいお味ではありますが、そこらのお店では味わえないですよ、これは。。

鶏肉とパプリカをさっと揚げてから炒めました味付けはちょっとの豆板醤と醤油、砂糖です弁当のおかずにも最適ですよ

お酢ではなく、レモン汁で作るのがおいしさのポイントです! ※今回は赤パプリカと黄パプリカ1/2個ずつ使いました。

ビタミンEたっぷりの黒胡麻。たっぷりとってお肌つやつやに♪赤いパプリカを使いましたが、黄色でもオレンジでもお好きなものをお使いください。

ピーマンとパプリカは種を取り、大きめの一口大に切る。鍋に1.とイワシを汁ごと入れ、生姜、しょうゆ、味噌、塩を入れ、フタをして弱火で約5分煮る

ちょうどパプリカを2色買ってあったので、それを器に使ってドリア風にしてみました。見た目も可愛いし、食べても美味しいんですよ^^

パプリカは黄色をメインに使って、赤をアクセントに。冷たくして食べるとさらに美味しいです。

こってりとしたお味の炒め物です。ご飯のおかずとしてもいいですし、パンやギョウザの皮などに乗せて、ピザにしても・・・

ラップをして冷蔵庫で1時間程度休ませればしっとりさっぱりの美味しいサラダが出来上がります。やさしい味に仕上がってるので酢が苦手な人でも全然問題ナッシングです

パプリカの中に合挽きミンチを入れてチーズをのせて焼きましたパプリカは身が分厚いので蒸し焼きにするのがポイントですよ

このスープはおいしくってパプリカの栄養を丸ごといただけるのでパプリカ料理のひとつとして是非仲間に入れてほしい一品。

キヌサヤのシャキシャキした歯ざわりがおいしいです。パプリカの赤との色あいがキレイでしょ〜(∩.∩)

簡単なナムルもイタリアン風に〜。とっても簡単、生野菜が食べやすくなります。おつまみにもどうぞ☆

残り物の消費をかねて、お酒の締めように作りました。調味料を加え、鍋を振りながら強火で炒める8.皿に7を盛り付け、イタリアンパセリを添える

他のお料理の付け合せや、パーティーのサラダの一品としてもGood。色んな色の野菜で宝石箱風カラフルなので、食卓が明るくなって好きです

プロのイタリアン・シェフから教えていただいたので、レストランで出てもおかしくないですよ。ハンガリー料理をアレンジしたと言ってました。是非作ってください!

焼いて薄皮をむいたパプリカは味の馴染みもよく、とろんとジューシーで大好きです☆定番ですが、今日はマリネのご紹介♪

とにかくジュージュー豚肉を焼いて、ピーマンとパプリカも一緒に炒めちゃへ っ手な感じで出来た丼はガッツリ美味しくいただけました。

パプリカの詰め焼きです。ジューシーで甘いパプリカとちょっとしょっぱい中の具がぴったり合います、おいしいです! 

赤野菜の代表トマトと赤パプリカで最強の美容ジュース☆ 「赤」の効果を丸ごといただける贅沢品♪

忙しいときでもすぐ作れて、見た目もキレイでしかもバランスもいいようなのです

具がいっぱいのイタリアンドレッシングの中華版?中華ドレッシングのイタリアンドレッシング版??どっちでもいいか〜美味しかったから( ´艸`)ムププ

とてもシンプルですが、おいしい炒め物です。シンプルなお料理のときほど、キムチの味が決め手になります♪

フライパンにバルサミコ50cc・オリーブオイル150ccを入れ 中火にかけて素早く混ぜ合わせます、野菜に振りかけその上にパンチェッタを乗せ飾ります

サラダやマリネだけじゃない、パプリカは味噌カツにだってなるのです。カリッカリの衣と味噌の香ばしさ、パプリカのみずみずしい甘さがナイス相性。作り方は今日も簡単

夏野菜の旨みと甘みがたっぷり詰まった煮込み料理だよ こないだ紹介したアボカドディップや、ピリっと辛いタバスコをかけると更に美味

パプリカと玉ねぎを生で頂きます。少し甘めのドレッシングがよく合いますよ!

2色のパプリカをマリネするだけの簡単ピクルス。すこし青草のような香りのするソーヴィニヨン・ブランなどにぴったりです。

ティアンというのは、主に南仏料理で使用される大きなグラタン皿のことを指します。

パプリカの甘味が引き出てて本当に美味しいです。失敗要らずの一品なので是非お試しあれ。

生でも食べれるものはそのまま漬け込み・・カリフラワーだけさっと湯通し。出来上がったピクルス・・予想以上に美味しかった

夏の太陽をたっぷり浴びて育ったトマトやピーマンなどの夏野菜を使って個々の野菜の香り、旨みを上手に活かして歯応えよく調理しましょう。

じゃがいもが少ししんなりしてきたら酒を振りさらに炒めじゃがいもがくったりしたらできあがり☆☆☆赤パプリカの色がじゃがいもに広がり見た目にもきれい!

バジル・ローズマリー・パプリカ・クレイジーソルトをふりかけてオーブントースターで5〜10分焼きます。

彩りもキレイなサラダ。ゴーヤが苦手だった私をゴーヤ好きに変えた一品です。

cgs's blog:パプリカのマリネ冷めたら、レモン汁を加え、よく混ぜる。マリネ液にパプリカと玉ねぎを漬けて3時間ほど待つ。はい、出来上がり♪

カテゴリ:ハーブ/香草/洋野菜|テーマ:パプリカ/カラーピーマン(ぱぷりか) |更新日時:2017-04-19 09:04:20

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>