「昆布/切り昆布(こんぶ/きりこぶ)コンブ」料理レシピで、献立の参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルなレシピのブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

途中で全体を混ぜ合わせながら、煮汁が少なくなるまで煮て完成です。切って煮るだけでこんなに美味しい常備食。手軽で体にも優しい煮物です。

調味料を加えて水気がなくなるまで煮詰めてできあがり。最後にお好みの一味をふってください。

市販の昆布巻きはとっても甘ったるいものが多いとおもうけれど、この昆布巻きは甘さ控えめでおいしい。

クーブ(昆布)イリチー(炒め煮)、沖縄料理です。基本味と柚子胡椒風味で。

ぐぐっと旨味凝縮、この日はポン酢も何もつけず、昆布の旨味をいただいて食べました。ホント、うまいのー!

磯の香りたっぷりの、あっさり煮込み豆腐です。海草のヨードと豆腐のたんぱく質、イソフラボンを効率よく摂取することができます。

ツナと昆布の相性って抜群★近頃は魚を食べない人が増えてしまっているけど、ツナならみんな好きだし、手軽に摂取できるよね!

今日のお料理は、我が家の常備菜です。甘辛く味付けをしてもう一品欲しいなぁ、って時にチャチャっと作れます

ダシをとった後の昆布、捨ててしまってはただの生ゴミ、でも美味しく料理すれば立派な一品です。

北海道(松前藩)の郷土料理。数の子をいれると高級品だけど、それは年末にでも(爆)材料を漬け込んだら、半日くらいから食べられます^^

鍋や煮物などのダシを取った後の昆布を使用しています。水に戻した昆布でもご使用になれます。水分が少なくなってきたら 焦げ付くので 仕上がるまで混ぜ続けて下さい。

鍋にサラダ油を熱し、切り昆布、糸蒟蒻、油揚げを炒める。油が回ったら、調味料を入れて、少し煮詰めて味がしみたらできあがり。

布巾にお酒を含ませ、昆布を拭く。メイチダイを削ぎ切りにする。昆布の佃煮を巻き、塩を加えた胡麻油に付けて食べる。

作るのは簡単ですけど、手間がかかるのでココロと時間にゆとりがある時しか作りません。刻み昆布がなければ、ふつうの昆布をほそーく切ってください。

 コリコリしていておいしいし、胡麻と合わせると香ばしくてナイス。ごはんのおかずに、お酒のお供に、お弁当にもいいですね。

ごろごろっとしたしいたけが、旨いです♪♪♪砂糖醤油をかけて食べました。はちみつも、メープルシロップもおいしいけど、和のシロップ、砂糖醤油はてっぱんだ

ねっとり・ホクホクの美味しい里芋でした♪出汁昆布も柔らかく・美味しく食べられます。季節の柚子をのせるだけでちょっぴり高級感が出ます

圧力鍋で鮭の昆布巻きを作りました。煮汁は昆布のいい出汁が出ているので、捨てずに他の料理に利用。

昆布やわかめの海藻類はダイエットにいいですね〜歯ごたえも有るので満腹感が得られるのがいいのです。

しょうゆを鍋肌から加えて味が決まったら仕上げに万能ねぎを加えてさっとネギに火を通します。器に盛り付けて仕上げに炒りごまをふったら出来上がり。

そのままで味はしっかりついてますが、塩をふれば調味料としても使える感じです。この甘じょっぱさハマル〜。無添加の塩昆布、是非お試しくださいねー♪

さっぱりとしたヘルシーサラダです。この時期に美味しい新玉ねぎはあまり辛みがないので水にさらさないで風味を楽しみました。

特選キムチの素 を使えば、こんな和風のピリ辛お料理も、簡単においしくできますよ。

昆布はすでに柔らかくなっているし、大豆も火が通っているので直ぐに出来ます。みりんは煮汁の味加減により加えます。

売っているものを買えば早い安い手間要らずでもそこにはさまざまな添加物が・・・

軟らかく煮えた昆布と昆布のうまみをたっぷり吸った鮭のハーモニー

生姜と豚肉を炒め、切り昆布、椎茸、人参を入れてさらに炒めます。醤油大さじ3、味醂大さじ3 酒大さじ2を加えて煮汁がなくなるまで煮れば 出来上がりです。

今回は一緒にコトコト煮込みました。ご飯にピッタリなしみじみおかず、です。

ダシをとった後の昆布をそのまま捨ててしまうのは勿体無い。ダシ後の昆布はいろいろリメイク料理に使えますので捨てずに是非利用してください。

海草に豚のコクの組み合わせがしみじみ美味しくて、常備菜!と思って作ってもぺろりと一日で平らげていたなあ・・・。

酒→出汁→醤油→みりん→砂糖を入れ、生昆布を入れる。 煮詰まってきたら出来上がり。

切り昆布は、さっぱり食べたくて梅干しとおかかで炊きました。ちょこっとお酢も入って夏味です^^

昆布にこんにゃくに、体中お掃除してくれちゃいそうな嬉しい組み合わせ他、人参やレンコンなど野菜を加えてよりヘルシーにボリュームアップさせて下さいね。

鍋にAを入れてたけのこ、油揚げを入れて中火にかける。煮立ってきたら弱火にしてあくを取り、切り昆布を加えて15〜20分ほど煮る。

小さな子供でも食べられるように、やわらかめに煮ています。ほっとする味です♪

出汁をとった昆布をつかった環境型料理 ミネラル豊富 カルシウムもたっぷり これがご飯にも合うし 酒肴にもってこいだ 必然的に酒も進む

とにかく、お酒にぴったり!切り昆布もえのきも生姜も食感が命なので、強火で短時間でささーーっと仕上げて下さいね〜。

水分が少なくなってきたら、仕上げにバターを落として絡めて出来上がり。(ここで味を見て必要なら塩を少し足しても)千切りにした大葉をのせて食べても美味しいです。

先輩からいただいたお野菜から、今日は白菜を使って♪ 中華の前菜は芯だけ使っているけど、家庭用なので葉もダシの昆布も使っちゃいます(^_-)☆

昆布をなすとにしんの間におくと、なすにはにしんの味がしみない。昆布をなすのまわりに置くと、おなすににしんの味がしゅむと思う。

出汁に使った昆布って捨ててしまうのはもったいない捨てずに冷凍保存しておいて、たまったらこんな料理にします。昆布を炒め煮にしていただくと食物繊維たっぷり取れます。

沖縄では、法事、祝い事などにも欠かせない一品。沖縄の食堂では“沖縄そばとジューシーセット”として、定番メニューな所も多いですよ!

簡単なのに、冷蔵庫で1週間保存できる常備菜。一品でもこういうのがあると忙しい時とか助かるメニューです♪

私は大量に作って、冷凍保存しました。弁当のおかずにも、おつまみにもいいです!

煮汁が少なくなるまで煮る 煮汁が少なくなったら、強火にして汁けを飛ばし、照りをだす。

我が家は、鹿児島式=サバの昆布巻なのだ。「他のどんな昆布巻よりも、サバの昆布巻が一番美味しい」というのが、我が家族の一致した意見である。

食べ応えのあるおかずにするなら、豚ばら肉と合わせて しっかりしたおかずにどうぞ。

沖縄のお祝い事には欠かせない料理であるクーブイリチーは、豚肉と昆布を使った炒め物です。豚肉と昆布のコクのある旨みがとけ出して、くせになる美味しさです。

カテゴリ:水産加工品|テーマ:昆布/切り昆布(こんぶ/きりこぶ)コンブ|更新日時:2017-09-19 02:09:51

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>