この食材が主役のレシピ記事を投稿!
更新日時 : 2014-08-27 22:08:30

「牛塊肉(牛肉ブロック)」料理レシピで、献立の参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルなレシピのブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

煮込み系料理を中心としたイラン料理、食べたことないけどスパイスがインド料理ぽかったので作ってみました。

牛の肩バラのブロックをお店でみつけたので赤ワイン煮を作ってみました。久しぶりの牛肉!赤ワイン煮!

年明けの時間のあるときに圧力鍋ではなくてコトコトじっくり、どうなるのかな〜旨くなれよ〜と思いながらする料理もいいですよ

フォンドボーの凝縮した旨味と赤ワインの芳醇さに、わさびのツンとした辛味が絶妙ですよ。

たまねぎを良く炒めてくださいね☆肉はスジなどの固い部分はあらかじめ取り除いて下さいね〜☆

フランスのキメ料理。塩のパイ包みをそのままテーブルに乗せて、みんなの前で帽子をあけると、そこにはお肉が・・・・。

濃い目の味付けでトロトロに煮込みました♪ゴハンが進むよ〜〜^^

人気の、ルーもコンソメも要らない素材のうま味で作るシリーズ! 野菜のうま味たっぷり、コクのあるビーフシチューです♪

焼き加減はどうかなぁ・・ってドキドキしながら切って見ると色合いもちょうどいい感じに焼きあがっていて嬉しかった〜♪

とっても柔らかくてジューシーなの。お肉は特別に高級なお肉じゃなくて、庶民的なお値段の…むしろチープなお肉です。

牛バラ肉をトロトロに煮込み、筍・にんじん・チンゲンサイ、そしてお約束のウズラの卵と一緒にオイスターソースで煮絡めたどんぶりなんですよ

じっくり赤ワインで煮込んだビーフシチューです。温かくなってスーパーにもいろいろな野菜が出回ってますので、これらを彩りに使ってみました。

塩・コショウとおろしにんにくをすり込んでいるのでそのままでも美味しいですし、アルミホイルに溜まった肉汁をかけても美味しかったです。

フライパン一つで作りました。新玉ねぎが美味しい季節に特におすすめです。

全面に焼き目がついたら、袋の上からピタピタとたたき、たれを馴染ませる。冷蔵庫に入れ、2〜3時間おいておくだけです。

牛肉とミルポアした野菜類を赤ワインで一晩漬け込んだあと、煮込んでみました。 かなり大雑把ですが、コトコト煮込んだお肉と野菜はめっちゃ柔らかです♪

ワインを一気にじょわゎ〜!! この料理はこれが醍醐味ですね!立ち込めるお肉とワインの香りが食欲を掻き立てます。

牛のモモ肉をコーラで煮ちゃいました。なぜか醤油と良く合うほんのりと甘い煮込み料理になるのが不思議です。

湯煎から下ろし、泡立器で混ぜながら。温めた溶かし澄ましバターの上澄みを少しずつ加える。最後に塩で味を整える。

[味噌漬け牛タタキ]水気をふき取って「ニンニクみそ床」に一昼夜付け込み味噌をとって薄切りにします。これで完成でーす♪

モルモン教徒が宗教上の理由で、昔から食べられていたパストラミ・ビーフ。生とボイルがあり、生の方が断然美味しいです。

安く牛の塊を見つけたら自宅で「簡単牛のたたき」を作ってみてください!おもてなし料理にもなりますよ。

この「オニオンステーキプレート」にすると、少なめのステーキ肉でもボリュームのあるカフェ飯ができるんですよ

もうお分かりの方もいらっしゃるでしょうが・・・そうです。昨夜のビーフシチューをグラタンにしました;^_^A

ドミグラスソースを使わず、お手軽な市販のシチュールウを使いました。赤ワインとローリエで煮込めば、美味しさグレードUpです。

今回は圧力鍋を使って作りました。調理時間は短時間なのにお肉がとろけるように柔らかく仕上がりました。

赤身のお肉のかたまりを買ってしまいました。ま、国産じゃないし。タタキ用ということなので、フライパンで簡単にできるタタキにしてみました。

レンジを使うと 肉が硬くなるんじゃない??? ・・・・大丈夫です。全く問題ありません。本当にうまうま 簡単ですから 

ナガネギの青い部分は、この辺で散らしておきましょう。火を止めたら、軽くかき混ぜてから皿に盛り付けます。

[ミモザサラダ]ほんもののウクライナ料理です。その上、今回はウクライナでよく飲まれるというウォッカまで用意しました。

燻製器にチップをいれないで牛肉の塊りを焙ったらローストビーフが出来た。

スパイスを加えているので、結構スパイシーで美味しい〜。^o^ターメリックライスでご馳走感も抜群。

[きごぼうとバルサミコのソース]シェフは、このイタリア料理の伝統的な手法を利用しました。野菜不足になりがちなステーキも、ごぼうたっぷりのソースでヘルシーに。

ボリュームのある牛肉を、たくさんの野菜と共にローストするだけのシンプルさですが、またこれが美味しい

旦那の生まれた国の料理を作りました〜簡単に言うとポトフだと思います。すっごく簡単で材料費もそんなに掛からないし沢山たべれるし〜しかもヘルシーときてる!

好みのとろみになったら弱火で10分煮込み、味をみます。盛りつけに半熟の目玉焼きをのせます。エノキと玉ねぎが甘くとろーりのビーフカレーです。

大根が柔らかくなったらごま油を加え、火を止め、すりごまを加えてサッと混ぜ合わせる。

以前私が作った赤ワイン煮の濃厚な感じとはまた違ってトマトの柔らかい酸味がなんともいえません〜〜。さっぱりといただける煮込み料理でした☆

普通のビーフシチューは物足りないので、パスタを添えました ルウに牛乳を加えているのでとってもまろやかでした

全部一緒にしてお水から炊きましょう。仕上げに白髪葱をトッピングして出来上がり!

スープとしていただいたり、中華麺などを入れても美味です。辛目がお好きでしたら、仕上げにさらにコチジャンを。あり合わせの材料で手軽にできますよ

予想以上に、めちゃめちゃ美味しいです、これ!!!赤身の牛肉で作ったおかげか、スープがあっさりめで上品、日本の洋食的な味。

フライパンにオリーブオイルをひいて野菜がしんなりするまで炒める。赤ワインとデミグラスソースを入れる。

キッチンペーパーで焼いた肉を包み、ラップでくるんで、冷凍庫で30分ほど冷やします。

3時間煮込んだ肉は柔らかくてかなり美味しく、お店で出せる味になりました。^^でも、原価は2000円超えてます・・・

[絶品牛とろ丼]思ってた以上に美味しくてビックリ!!大満足です。しかもローストビーフがフライパンで出来る〜〜""ハ(≧▽≦*) パチパチ♪

マスタードは絶対不可欠!この料理のためにディジョンのマスタードがあるんだと納得してしまうくらい、マスタードが大事な味の決め手です。

[ビーフストロガノフ]玉葱を炒め、お肉を炒め 鍋に移し100ccの水を入れ煮込む。この時、にんにく・塩・こしょう・きのこを入れる。

[ローストビーフ]牛もも塊にた〜っぷりの塩、粒こしょう、バジルをふって、よ〜く揉み込んだら、前後左右オリーブ油で焼き焼き。

ローストするときに使う野菜や肉汁を使い、うま味たっぷりの赤ワインソースに

たまねぎをよく炒めた後にじゃがいもやにんじんを入れ、2〜3分またよく炒めて油が回ってから圧力鍋をセットするとよい。

すべての面を同じようにして焼いていき、全体にいい焦げ目がついたら出来上がり〜♪。スライスして、器に盛り付けてソースでいただきま〜す。

肉の入ったポリ袋にいれ、シャトルシェフで8時間保温。味をみて薄い場合は煮詰めて使いましょう。ワサビをつけてどうぞ♪

全体に油が回ったら 具がかぶるくらいの水とコンソメを入れて煮立たし、アクを掬う。アクが大体掬えたら、ビーフシチューの素を入れ溶かす。

水を一切使わず、【野菜の旨味+肉類の旨味+赤ワイン+トマト】だけの、濃厚なお味。時間はかかるが、手間いらず。

水を注ぎコンソメキューブ、ベイリーフを足してもう一度圧力をかけて煮る。塩胡椒で味を調え、五分ほど圧力をかけずに煮詰める。

野菜がたっぷりんこ♪コトコトじっくり、じんわりおいしぃ〜スープが…

ちょっとサッパリ目かなと思ったけど、サワークリームをたっぷり加えるとあっら〜美味しいぃいいいい。酸味とコクが広がって、はぁ〜暖ったまるん♪

これならコーラに砂糖入ってるから計るものが1つ減るし焦げ付かなかったと思うよ。

甘辛くて・・めちゃウマ〜〜〜〜!!白髪ネギ&七味^^是非是非〜〜^^ご用意下さい〜〜!ごはんが進むこと・・・間違いありませーーん^^

牛肩ロース薄切り肉でなくても、牛もも肉や豚肉でも美味しく作れます。旬のレンコンがシャキシャキと美味しい一品です。

[ローストビーフ]170℃のオーブンに50分放り込みます。焼き上がったお肉をアルミホイルに包んで1時間放置するだけ、一度おためしあれ。

お肉は常温にもどしたおきます。塩・ブラックペッパー・ニンニクの摩り下ろしをよ〜くもみ込み、たこ糸でしっかり縛ります。

真ん中にスープカレーを6分目見当で注ぐと、カレーの黄色と山菜の緑が見事なコントラストになりました。お膳に並べたらどよめき・感嘆がありました。

ハンバーグにかけたりオムライスにかけたりいろいろ利用出来ますよ(=^▽^=)ちなみに余ったら冷凍して保存出来ます

お肉を取り出しバットに入れて15分以上さます。あたたかい肉を切ると肉汁が出てしまうため。

[牛肉の赤ワイン煮?]煮汁が鍋1cm位になってきたら、トマトケチャップとウスターソースで味付けて出来上がり。味はビーフシチューのような味に仕上がります!!

ユヴェチは、クリサラキっていうお米の形をしたパスタと牛肉を使ったギリシャ料理です。

箸でも切れる・・・口の中でとろける・・・・柔らかくて「バサラバサラ」なステーキなのでございます。

圧力鍋でトロトロに煮込んだ牛バラをステーキにして甘辛味噌だれを添えました。口の中でとろけるステーキです。

カテゴリ:肉類/卵類|テーマ:牛塊肉(牛肉ブロック)|更新日時:2014-08-21 20:08:41

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>