この食材が主役のレシピ記事を投稿!
更新日時 : 2017-04-22 03:04:43

「うど(独活)ウド」料理レシピで、献立の参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルなレシピのブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

なんとなく疲れ気味の時に。黒酢でパワーアップ!!うどのシャキシャキがいいアクセント!

調味料と混ぜ合わせて器に盛ってもよいです。その方が味が馴染んで美味しいかも。

食べる直前に、水の切れた材料と調味料をボールの中で混ぜて、ごまをかけたら出来上がり。これは大人の味です。うどは苦いよ・・・うきき♪

ウドは皮が繊維質がきついので、下処理として厚く皮をむいてしまいます。その皮が、きんぴらに絶品の素材となります。ある意味金ぴらの王様といえるかも

ウドとベーコンの炒め物は大学時代にはまったもの。シャリシャリっとおいしい〜のに超簡単。

竹の子を使って、烏賊(いか)、独活(うど)との木の芽和えをご紹介します。今日のポイントは木の芽和えに使う「青寄せ」の技です。

うど のシャキシャキ感は当然ないわけだけど、うどの香りはしっかりあって、春の味 がしました。

東京特産の野菜「独活(ウド)」を使ったレシピです。柔らかくて香りのいいウド、春ですね〜

生のウドはちょっと難しいかもと思っていました。 もっとも、しっかり酢水に浸けておき、梅だれで混ぜたら 子供たちも気に入ったようでした

和風の箸安めにぴったりな一品。さっぱりしてて筍の香りもちゃんと生きてます。

しゃきしゃきのフレッシュな独活と和のタレが美味しい。

ウドは香りを楽しむ食材だと思うので、あまり主張しない、カッテージチーズと一緒にちょっとワサビを効かせた、マヨネーズと和えました。

塩山椒とうどの風味が合ってものすごく美味しかったぁ。うどお好きな方はまだ間に合いそうなので是非!!

レモン汁+マヨネーズをかけていただきました。クレソンとウドの香りがとっても良いサラダです。

ウドを扱ったお料理の3回目です。なかなか家庭料理になじみの薄い野菜ですが春野菜の代表選手のひとつです。ご参考にしてくださいね〜〜〜♪

白味噌を使っているので、ちょっと甘味があってさっぱりしたお味です。とっても美味しいので、作ってみてね^^ウドの鼻に抜ける香りが堪りませんよ〜〜〜☆

今回は、『うど』の皮を剥いた中心部分を使った料理ですよ!!シャキシャとした食感とタコのコラボ..........木の芽味噌で食します!!!

うど がまだあるので簡単でサッパリしたサラダにしてみました。はっさくの色とうどの白が清潔で食欲をそそります。緑のかざりの葉をそえて・・・。

茗荷、ネギは余熱で十分。 お吸いもの兼用ですので、薄味。 その分、山椒で風味付けしました。

春ですね〜!うどですね〜!さっぱり梅の香りでサラダを作ってみました。おいしいよ。

うどの皮を使ってキンピラです。苦味があってとても美味しい しかも簡単

うどはザルにあけ、クッキングペーパーで水気を軽くとって、三つ葉、たたき梅と和える

[ジャガイモと蓮根、独活のガーリックバター風味]シンプルにしあげました。ホントに簡単ですからね!しかも、かなり美味しいです。

うど皮は捨てずに同じようにキンピラでおいしいです。うどは独特の香りと爽やかな歯ざわりが命です。

キンピラも大好きな食べ方だけど、たまには違う食べ方も。と思ってピリ辛にお弁当のおかずにもなるような味付けで作ってみました。

うどを使うと、皮はキンピラ、というのは定番ですね。これまたこの時期ならではの、新ゴボウと組み合わせました

新潟の親戚の家で頂いた「うどきんぴら」再現してみました。暖かいうちに食べるとうどの風味があります

とろけるチーズと旬の野菜の歯ごたえが絶妙大人から子供まで人気の早技ごちそう料理。 

鯛、ウドを入れよく和える5)盛り付けて、木の芽やピンクペッパーを飾る

頂いたウドを使って、酢みそ和えを作りました。シャキシャキとした食感がグー☆

)盛り付けたパスタにウド、菜の花、生ハムを飾る9)好みでパルミジャーノをおろす

たいへん濃厚な、コクのあるうまい味噌汁である。ナマ臭さいのではと思う人もいるかもしれないが、それはほとんど感じられない。

ウドのしゃっきりした歯ごたえがサッパリしていておいしいんですよ〜

すこし厚めに切ってお酢を入れたお湯でサット下茹でしてよく水分をとっておきます食卓で食べる直前に 酢味噌をかけていただきます

ウドは、皮をむき薄切り。水にさらし、すし酢に浸けておきます。 器に盛り付け、市販の酢味噌で味付け。

うどの香りを消さないように、茹でたてのパスタと和えました。梅の風味がとっても美味しいので、いろいろ具を変えて楽しんでいる定番パスタです。

包丁でトントンと叩くだけですのでそんなに面倒ではありませんから朝食の時などにぜひ

アマダイの身を贅沢に使った澄まし汁うどの香りを添えて(^^♪アマダイは皮目を焼き上げ酒蒸しにし香ばしくふっくらと形よく仕上げました

ウドはえぐみはないのですがアクが強いんです!皮をむいたら水にさらして使って行って下さいね〜♪

香りヨシ、歯ごたえヨシのウドのキンピラ。味見と称した「つまみ食い」が止まらないっ(笑)

はふはふシャリシャリのうど、ハーブの効いたホワイトソース、焼けたチーズにソーセージの塩気が美味!

わかめ、ひいかと一緒にあえますうどの皮はキンピラにしますので 皮を厚めにむき皮、茎ともに酢水につけておきます

さっぱりしていて、ヘルシー!!りんご酢を使ってまろやかなので、強い酸味が苦手な方にもオススメです★煮干も一緒に食べましょう♪

湯通しした豚肉とウドを、ねりゴマとマヨネーズ、味噌で和えました。豚は片栗粉をまぶしてから湯にくぐらせるので、味も逃げず、ふんわりつるん、ウドはシャキシャキ。

苦みがきちんとある独活の味が美味しい、旨い!と感じるようになりました。正確に言うと苦みと単純に表現していいのかちょっとわからないのですが・・・

うどの料理は、酢ミソあえや天ぷら、味噌漬け、味噌汁の具などいろいろな食べ方があって素晴らしい野菜である。 特に最近気に入ってるのは、キンピラである。

4.焼けた3をカットし、お皿に盛り付ける。 薬味たれにつけて召し上がれ

いろんなものをいろんな味で漬けます。今回はみそで、春らしく、うどと菜の花とにんじんを漬けました。

今回はこの独活を使った手早いお料理レシピご紹介します。こういうお料理は30歳を過ぎた旦那様によろしいかと・・。味覚と年齢はかなり関係があります。

独活と鮪の酢味噌和え(ぬた)春の香りと味を満喫し、お酒も美味しい夜でした。

このままでも美味しいし、これをつゆごと茹でたそうめんにかけても美味しいです

味付けは砂糖、醤油を入れお好みで味を調整し、仕上げにみりんで照りを出し器に盛り付ける。黒ゴマを少し散らして完成

さわやかな香り高いウドとキュウリを使ったピクルスです。ウドは酸味とよく合うので、ピクルスにすると手軽においしく食べられます。

本日の『毎日食べたい美味しいカレー♪』 は、『薬膳効果の旬のうどで春を感じるインディアンカレー♪』 です!!^^

せっかくのうどがベーコンに負けちゃうかな〜・・・と心配だったのでちゅが、のーぷろぶれむっしかも・・・うどとベーコンって、スッゴク合う〜〜〜

でもねっ、、これぞ春の味!!! こ〜ゆう特有の香りがあるお野菜は、油との相性がとっても良いんです。

なんか材料が適量とか少々で伝わりにくいですかね・・・でも、適当な量でも作れちゃうのでオススメデス。

人参は独活と長さを揃え、5mm幅で薄めにスライス。塩(分量外)を少々振ってしんなりさせておく。

アク抜き出来たウドを、沸騰した鍋で透明になるくらいにサッと茹でたら、冷水に取ります!ウドと酢味噌を混ぜ合わせたら、完成

うどは皮をむき、薄切りにする。薄切りにしたうどに合わせ味噌をかけ、お好みで山椒などを添える。

ウドと味噌の相性は最高。炒めたり、サラダも美味しいよ♪

葉もよく洗って細かく切っておく。うどは衣に混ぜ合わせる前に小麦粉をまぶしておく。

カテゴリ:野菜/根菜/果菜|テーマ:うど(独活)ウド|更新日時:2017-04-22 10:04:24

| メイン | 次のテーマへ >>