この食材が主役のレシピ記事を投稿!
更新日時 : 2017-11-18 07:11:24

「蕪(かぶ/かぶら)カブ/カブラ」料理レシピで、献立の参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルなレシピのブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

蒸し汁に溶け出た旨味も余さずソースにして野菜にからめます。

生クリームとの牛乳とろりとしたクリームで、カブをトロトロに煮込みます。真っ白なスープのところどころに見え隠れする、エビの赤い彩が美しいクリーム煮です。

ひと煮立ちしたら、塩で味を整えて  出来上がりです*蕪を最初に炒めると、味が浸みこみやすくて  煮崩れしにくいですよ

もう一品簡単に献立を増やしたいという時、この浅漬けは重宝します。今回はかぶを使っていますが、きゅうり、キャベツなど一般的に浅漬けに使う野菜は何でも代用が可能です

オリーブオイル小さじ1、塩・胡椒少々とベーコンを  混ぜて、1の茹でた葉っぱに和えてお皿に盛ったら、  フライドガーリックをトッピングして完成です。

さっぱりカブだけど、ねり胡麻でちょっとクリーミーな和風パスタ。

千枚漬けや漬物に使われる蕪ですが、豚バラ肉と煮込むと柔らかくて美味しいですよ。豚の脂が良い調味料です。

小蕪の漬け物も美味しいですが、大きな蕪の千枚漬けは如何ですが?。柚皮や鷹の爪でピリ辛味の香りよい千枚漬けです。

魚の形のお皿に並べてウロコに見えるように盛りつけ。もの凄く瑞々しくて、最高に美味しいカブです。

野菜が柔らかくなったらミキサーにかけてなめらかにして、牛乳・     塩・胡椒を加えて味をととのえたら出来上がり

もうそろそろ桜も終わりなので桜の塩漬けを使ってしまおうと思っています。

ソテーしたカブと生のカブ、両方の美味しさを盛り込みました。栄養のあるカブの葉も加えて彩りよく仕上げました。

柔らか〜く煮えた蕪の間には、美味しい鶏つくね♪あんは「生姜あん」であっさり仕上げて、まだ寒い日がある今日この頃、身体も温まります*^^*

旬の野菜、かぶをがんもと一緒に炊いた煮物です。昆布だしでじっくり煮た後、仕上げは片栗粉でゆるーくとろみをつけました。

昨日のかぶの残り、何にしようか色々迷いましたが、簡単なサラダにしました。ごま油が良い感じです。

カブの甘味とハムのエキスがスープにたくさん溶け込んで、シンプルだけどすごくオススメの組み合わせです。

和素材もこうしてコンソメと塩、ローリエやコショウなどの香辛料で煮込むと、チョイとおしゃれな感じがしてステキです。

ゴマ塩味のシンプルな、蕪のおかずが出来ました♪ 作り方もごくごくシンプル。3分あれば完成です。それでもおいしい、あったかサラダのレシピをどうぞ♪

鯛・金時人参・菜の花・かぼちゃ・しめじを蕪の中に入れて、蒸してみました。 素材の合わさった出汁が、なんともいえない風味、格別でした!!!

蕪と小松菜を使ってトマトクリームソースのパスタにしました。少し口に残る蕪の風味と小松菜が良くあいますね。

和風グラタンなのでにあっさりしていて蕪の甘みがしっかり味わえます♪蕪を丸ごと使えちゃうのも嬉しい〜♪♪♪

カブの葉も加え、軽く炒めて塩、粗挽きコショウで味付けする。 ,猟缶N舛離椒Ε襪鵬辰─∩澗里鯱造┐襦G鰡屬螢乾泙魏辰┐気辰り混ぜる。

とにかくおいしい蕪のおかずが出来ました♪ とろみをつけたあったかなおかずがあると、からだも心もぽっかぽか。ほっぺがゆるむおいしさです。

でも少しだけキチンとした気分で、野菜の扱いを丁寧にしてみました。それだけですが、普段の乱切りより美味しくできます。

酢・砂糖(酢の半分ぐらいかな)・昆布・ゆずの皮&果汁を入れひと煮立ちさせる。5)容器にかぶを入れ、4を流し入れる。味が馴染めば出来上がり。

かぶは筋があるので、皮は厚めに剥きます煮汁は少なめなので、落し蓋をし、煮汁をかけながら煮込むと良いです

べっ甲みたいでキラキラきれい♪ 味も抜群、お醤油の焦げたところがまたおいしい、蕪のおかずが出来ました。じっくり焼いた蕪はとろけるおいしさ、幸せすぎます

えびと枝豆を入れてかぶら蒸しを作りました。枝豆は冷凍を使いましたが、フワフワに蒸しあがったかぶは甘みがあってすごくおいしくできました

大さじ1のお湯でとかした味噌を加えて( )内のあわせ調味料を絡ませて完成 茎もシャキシャキして、ご飯の進む一品です

かぶを中華スープで柔らかく煮込み、黒胡麻ペーストベースのタレをかけました。風呂上がりに、熱々をフーフー言いながら食べると身も心も温まる一品

かぶの甘みと、トマトの酸味、いろんなお野菜の旨みが味わえる野菜スープの完成で〜す^^♪

香味野菜と塩昆布でちょっとシッカリ目に味付けしてみました。香味野菜に蕪の優しい味が負けちゃうかなと思ったけれど、なんの。なんの。

かぶは漬物や煮物などで本領発揮しますよね。今回は明太子と和えて日本酒のつまみに。居酒屋でこんなお通しが出てきたら嬉しいんですけどね

シンプルかつ斬新!お客様にお出しすると、皆さん一様に「こういうの初めて!」っておっしゃいますよ。これがなかなかイケちゃったりするんです。

当日でもパッと作れるし、マリネ風なので前日に作って冷蔵庫で冷やしておくのもオススメ!持ち寄りやお弁当のサラダとして、、ちょっと箸休めの一品として、ピッタリですよ

隠し味に、白しょうゆを加えます。弱火でちょっと煮て、最後に味をみて塩胡椒で調整してできあがりです。

ダイエットにも、弱った胃を温めるのにも良いおかずです。あっさりしていて温かいもので体を労ってあげましょうね。

サラダ感覚の前菜として、スパイシーな赤ワインなどにもぴったりな一品でお洒落?っぽく作りました。

カブがやわらかくなったら仕上げに刻んだ葉を加え、さっと火を通したら出来上がり。弱めに餡がかかった出汁がとてもおいしい。

カブやワカメにうま味たっぷりのツナを合わせたサラダにおしょうゆのドレッシングを添えてとっても食べやすいサラダです

生のまま食べる漬物やさっと炒める調理向き。もちろんこの料理も加熱は短時間で!がおいしいポイント

宅配で頻繁に入ってくるかぶを使って、柚子こしょう風味の照り焼きにしました☆ごはんにもつまみにも是非どうぞ

┸緲呂片栗粉を加え、とろみがついたら、ネギを散らして出来上がり。明太子を使いますが、それほど辛くありません。もちろんタラコでもOK。

ベーコンとニンニク風味の油でかぶをゆっくり炒めました。コクが加わって、かぶの新たなおいしさを発見しました。

片栗粉をまぶしたお肉はトゥルントゥルン。豚肉と豆腐でボリュームもありつつ、サラサラお出汁ですんなりお腹に収まります。

今日は野菜いっぱいのカブスープにしてみました。材料はカブ・人参・キャベツ・玉ねぎ。

ちょっとピリ辛味噌味で蕪をコトコト、水を加えず蒸し煮するので甘みがギュッと詰まってます。ほろほろ崩れるくらいじっくり煮ると、本当に幸せ

ステーキ用のもも肉と蕪をサイコロ状に切って和風味のコロコロステーキにしました

ブ丸ごと使い切りレシピです普段捨ててしまうような野菜の切れ端たち、実はそちらの方が栄養価が高いこともしばしば

水分が出てしんなりしたら水洗いし 水気を絞る。4) 1)と 2) を一緒にボールに入れて ゆかりとすし酢で和えたら出来上がり♪

カリッとした皮が最高。蕪は火が通りやすいから手早くできるのも嬉しいです。おつまみにもいいし、お弁当にも。

D劼韻覘△鬚気泙靴董↓,蛤ぜて冷蔵用の袋にいれて、一晩おきます。

2)梅汁を加え、もみもみ。3)冷蔵庫で味を馴染ませる。

ライスペーパーもあったので入れてみた。コーンの缶詰もあったので入れてみた。蕪とライスペーパーの食感が面白い。

醤油・みりん・酒・粉末だしで味を整えれば出来上がり。鷹之爪を入れても美味しいですよ。

中華鍋に油を落としニンニクを炒め、カキを入れ炒め、紹興酒とオイスターソースで味を調えて、器にかぶと一緒に盛り付ける。

かぶが茹で上がったら1のフライパンにかぶの葉とスパゲティ、かぶをいれ全体をおおきくあえ、バター、醤油で味をつける。最後に味をみてから塩をたして出来上がり

お家で簡単・お漬物!お漬物は自家製が一番☆塩分糖分控えめです。ご飯のお供、お酒のお供にどうぞ♪

漬物等に多く使われる小蕪ですが、クリーム煮は蕪の旨味が生かされた美味しい一皿になります。

豆乳でまろやかさをUPして。とろ〜りと煮えた蕪とかぼちゃの美味しいスープ♪

漬物の上にラップをかぶせて小皿を置き、その上に500mlのペットボトルをおいて重石にし、半日〜1日漬け込む。

今日はかぶを丸ごと煮ちゃったスープです。お鍋をコトコト煮てる時間って幸せな気分になれますねぇ!     

いがいな組み合わせに驚きでしょうが、さっぱり食べれて‥嬉しい一品です。どうぞ お試しくださいませ(*^_^*)

前回カブのレシピが好評だったので調子にのってカブを入れちゃいました(笑)柚子の絞り汁で作ったドレッシングはすごく簡単で美味しかったですよ♪

案外かぶが甘く仕上がって 良い感じに。 お好みで生姜のみじん切りを入れても アクセントになります☆

本当はマヨネーズを使うのですが もんちゃんがあんまり好きじゃないので 今回はドレッシングを。 お好きな方はマヨネーズを お使いください♪

カジキマグロの出汁と蕪の甘みがあわさったスープが絶品。太白胡麻油で上品だけどこっくりした旨み〜

蕪を最初にガラスープで下茹するとしっかり味が しますが蕪の風味が無くなりそうなので今回は 熱湯で茹でました

七草ならぬ一草(カブとカブナ)だけでリゾットを作りました。これだけで本来の目的を達成しようという魂胆です。

4:器に2と、添付の味噌スープの素を入れ混ぜ合わせ、茹で上がった麺を入れる5:具を上に持ってくる

レモンの酸味が利いた、とてもすっきりした味わいのかぶとキムチの上品なサラダです。 

煮込む時間も数分なので、あっという間にできて、鍋ひとつでひとり分が簡単にできちゃいます!かぶの甘みがひきたつあっさりしたカレーですごくおいしいですよ♪

塩揉みをせずにフレッシュな食感を楽しむ感じです。さっぱりとしていてナイス!でも胡瓜って体を冷やすんだっけ??

煮詰めたバルサミコ酢を甘いアクセントにタラリとたらしてあります。色んな野菜を使うと彩りも良くなるのでクリスマスディナーの1品にもおすすめです(^-^)

本日は、かぶのを使ったスープです豆板醤を利かせてピリ辛に仕上げました子どもには、無理ですね(笑)

……。本当においしいです! このままごはんにかけたら丼抱えちゃうことうけあい。こういう味の優しいおかずがやっぱり一番ホッとします。

トロリと柔らかく煮込んだカブとオクラも、美味しいダシが染み込んでウマ〜♪です。これとおかずがもう1品あれば満足なくらいかなりボリュームもあります。

沸騰する直前で火から下ろすのがポイント。アツアツにし過ぎないで下さいね。見かけはホットミルク・・・。かぶのいい匂いがたまりませんっ

炊けたご飯の入っている炊飯器に移して、煎り胡麻と一緒に混ぜ込んで出来上がり♪

フライパンひとつで、簡単にできちゃいます。クリーム煮よりもヘルシーなのに、かぶ自体の味と甘みやベーコンの味でコクのあるスープになりました!

晩秋ともなると根菜が美味しいですね、今日は赤蕪の千枚漬けです、赤蕪派仕上がりの色が美しく、食欲をそそるものです、箸休めに如何ですか。

ほんのり甘い柔らかい味の煮物です。今日はそのまま甘みを楽しみました。七味を振ってアクセントをつけてもおいしいと思います。

茶漉しで漉すことで滑らかな口当たりになります♪・強火で表面を固めたあとは一番弱い火加減でゆっくり火を通すことで滑らかに仕上がります。

カブが美味しくなって来ました。大きなままでぽってりと柔らかく茹でたカブとシャキッと歯応えのあるコーンを、とろりと仕立てたクリームスープ。

濃いめの味付けでニンニクで風味を、ベーコンとナンプラーでコクを出すとクセなく食べられる料理になりますよ。ご飯に振りかけて食べると「なっから、うんめ〜よ!」

焼いたかぶに、鶏肉で作った肉味噌を付けて食べました。しっかりと味をつけているので、かぶには味をつけていません。

今回のお料理はカブとベーコンを使ったジェノベーゼです。カブとベーコンを炒めてバジルペーストで和えるだけなので、簡単に美味しいパスタが出来ますよ。

シンプルなイタリアン風のドレッシングをかけてよくまぜればできあがりの超簡単メニューです。かぶの甘みがそのまま楽しめるサラダです♪

オリーブオイルで蕪にしっかりと焼き目をつけて、シメジとあわせてトマトソースのパスタにしました。蕪の優しい甘さとシメジの風味がとっても美味しかったですよ。

トロっとまではいかなくても、もう少しカブに火を通しても良かったかな。意外とカブの葉がシャキシャキとして美味しかったです。

かぶらは、フライパンで弱火でじっくり両面素焼きにして、軽く塩を振って味を加減します。

かぶの食感がなんとも言えません。。塩はほんのちょっぴりでも素材の味と柚子の香りで十分楽しめますので、入れすぎないようにしてくださいね。。

チョッと変わった方法ですが、材料の旨味が引き出されて美味しいくなります。また、ブルーチーズが少し入るだけで、深いコクのあるシチューに変身します。

タコを、ひじき入りの天ぷら粉で揚げて、柔らかく甘い蕪と一緒にサラダにしていただきます(^^♪

朝のおめざにもピッタリ!レモンを切って入れるより渋みもなくて食べやすいとうちでは好評です。

蒸しあがったら蕪を深めの器にとり、耐熱容器に残っただし汁を小鍋に移し煮立たせ、片栗粉でとろみをつける。

サーモン、かぶは1センチ角に切り、パセリはみじん切りにします。かぶはパスタが茹で上がる5分前に鍋に入れて茹でます。

今日は、先日安売りしていたカブの葉があまっていたので、パスタの具にしてみました。シャキシャキでなかなか美味しかったです♪

茎の部分を浮き実にすると食感があっておいしいです。はじめに少し塩・胡椒で下味を入れることで味がなじみやすくなります。

暖かいかぶのスープを作ってみました。真っ白なスープは一見、ビシソワーズのようですが、味はかぶそのもの。

かぶといえばいつも塩もみなのですが、たまには辛子をピリッと利かせて食べてます。

ピリピリ艶々の蕪にぷちっとした食感のとんぶりとちりめんの味が絡まった大人のサラダ。

春野菜とスモークサーモンを使った簡単サラダただ材料を切ってドレッシングと合わせただけなのに

かぶはじっくり焼いてジューシーに☆納豆と合わせてタレで炒め合わせて完成の簡単レシピです。ごはんにピッタリなのでこのまま丼にしちゃうのもおすすめ☆

カロリーが低く胃に優しい一品です。高血圧の最大の敵である肥満対策になります。鶏肉にかぶをすりおろしてのせて、ふんわりと蒸しあげた鶏肉料理です。

レモンの香りがして、美味しいメニューに。また、砂糖を少し加えて味を円やかにしてみました。

市販のルーで作る簡単シチューです♪ シチューも具材を変えるだけで色々な味を楽しめますよ 今回は今が旬の白菜とかぶの美味しいコンビです。

蕪の料理は良く紹介されていますが、のこ他派の料理は少ないですね。蕪の葉と油揚げの炒め物です。大根の葉同様なかなか美味しく仕上がりますよ。

今日は「かぶの千枚漬け」ですよぉ♪このお漬物が、自分で作れるとは驚き!そして、簡単(笑)

生クリームも牛乳も使っていないけれど とろ〜りととても優しい味で しみじみ美味しいなあと思いました(*´▽`*)

ちょっとニンニクの香りを効かせたパスタにしてみました。パスタを一緒にゆでることでお鍋も二つですんじゃう簡単レシピです♪♪

お肉の適度な油分がお野菜のあっさり煮の風味も良くしてくれるので、肉団子は豚肉でも鶏肉でもO.K.ですよ。

かぶとささみをさっと味噌で煮て、ゆずこしょうを溶かしながら食べます。こころも体も温まるとろとろっとおいしい♪

みじん切りにした玉ねぎを入れてじっくり炒める。3.2にかぶと茸を入れてさっと炒め、☆を入れて5分程煮込み、★を加えて20分煮る。

こういう料理ってほっとしますよね。優しい味で飲んでいる途中に頂いてもいいですよねー。日本酒だけでなくて、ワインとか飲んでいるときもいいですよ。

ものすごーく簡単で美味しいお漬物を紹介します 柚子胡椒をもう少し増やすとピリッとしたお酒のおつまみにもなりますよ〜

ウチで採れた甘くて新鮮なカブに 生姜のさわやかな香りとバターのコクがおいしくマッチ

かぶの実も美味しいけれど、葉っぱだって美味しいし栄養もあるんだもん!!  しっかり使わなくちゃ、そん・そん・そん♪♪♪

かぶとアンチョビでパスタを作りました。オイルベースのシンプルな味付けなので、かぶの甘みがそのまま楽しめます。

お月見の記事で登場したメニュー、かぶのえび詰めのレシピをアップします。<材料>かぶ 4個えび 120グラムやまいも(すりおろして) 大さじ2

とろっと柔らかく煮たかぶのマスタード煮。かぶの甘さとマスタードの風味が絶妙な美味しさ♪あっさりだけど、コクと旨みがしっかりあります。

ん〜美味しい♪暑いので餡かけは・・と思い、こんな感じになったんですけど、すごく美味しいです。

これが結構美味しくって、早速我が家でも。母は、塩とコショウだけで炒めていましたが、ウチでは醤油とみりんで甘辛風。

シンプルな味付けだから感じる、かぶの甘味とランチョンミートのコク♪

新玉ねぎで美味しいドレッシングを作ってみました。鳥ハムと野菜のサラダにかけたらかなり美味しかったです☆^∇゜)

甘辛い味だけど、はちみつの分、ほんのり優しい感じがします。

ビネガーを加えたらかぶにかけて和えます。フェタ(チーズ)の角切りを散らして。アンチョビの塩味、フェタの塩味で。

朝がとっても寒いので、夜のうちにスープを作っておいて朝に温め直して食べたりしています。豆入りのスープはボリュームもあって、これにパンだけでも幸せ〜。

かぶとかぼちゃのスープを牛乳で煮込み、みそで味付けしました。味噌と牛乳は相性がいいのでお試し下さい。

お鍋に材料を入れておわりぃー!!先になにして〜とかなしなしの一発勝負な即急スープ♪見た目よりもず〜っと美味しいです

かぶ消費大作戦で、かぶの葉っぱも使える「かぶ餅」にしてみました。早い話、大根餅のかぶ版です。

う〜む・・・味噌を変えるとまた違った味わいが。。。カンタンでちょっと変わっていて、そして。。。お酒に合いますよ。

蕪をくりぬいた煮物は、葉っぱのついた帽子が可愛くて、一人張り切って作る、冬の定番料理。もちもち☆なら、さらに気分は高揚します。

わさびと言っても風味が香る程度の優しい味わいのクリーム煮なので、はパンにもごはんにもピッタリです。

ドレッシングの材料をよく混ぜてチキンと水気を切ったかぶを入れてよく混ぜる。すぐに食べてもおいしいし、時間がたってしんなりしてもおいしい!

器にかぶを盛り鷹の爪の小口切りを中央に乗せ花弁に見立てる。

おかずにもなるスープです。これにパンとサラダを付ければ、立派な献立になります。

フェンネルとレモンが爽やかに香るサラダになりました。

近所の八百屋さんで、大きな大きなカブを買いました。「煮ると、とても柔らかくて、美味しいよ」と、八百屋のおじいちゃん。

漬けておくだけ。30分〜1時間以上つけておくのベスト。この塩加減で十分味わいあります。

カブの葉をザク切りにしてゴマ油でさっと炒めて塩胡椒、酒+辛子を混ぜたものをジャッとからませてできあがり!

同じフライパンに適当な大きさに切った蕪と蕪の葉を入れ炒める。肉をフライパンに戻し、塩ダレで調味し炒め合わせる。水とき片栗粉でとろみをつける。

強火で余熱をしたオーブンまたはオーブントースターに入れ、20程焼成。グラタンより簡単に出来るオーブン料理です。

カブの葉を利用した簡単ヘルシー副菜です。ざく切りのカブの葉に紀州の梅干1個をほぐし入れ、お醤油と蜂蜜少々。

梅干しは種を取り細かく刻み、きざみめかぶと酢、砂糖、醤油と一緒に混ぜる。かぶとかぶの葉を加えて合えて出来上がりです。

材料を全て入れてフリフリしてよく混ぜ、空気を抜いて口を縛って冷蔵庫に入れる。水分が出てきたらもう一度空気を抜きなおして口を縛り一晩漬ける。

あっさりと食べられるサラダです。蕪には大根と同じ消化アミラーザが多く含まれています。胃もたれなどに効果があるようですよ(^^*)

味付けはシンプルなんだけど、かぶの甘みがご飯にまでしみこんでる感じでおいしかったよ!すごくお腹に優しい感じ〜

じゃこを混ぜて、お酒+しょうゆで軽く味付け(じゃことかぶの塩気があるので気をつけて)

和風でしょ!味付けも!ちょっと薄味だったかなー!!だいぶ薄味好きになってきました。

しょうゆ、みりんを加え、肉に火が通るまで煮る。だし汁をお玉2杯分取り出し、あんかけの材料をいれ、塩で味を調整し、片栗粉でとろみをつける。

なんとなく中華スープっぽい感じが。色は薄いですが、しかっりとした味があること間違いなしです。豚を炒めた油までしっかりと入れましょう。

荒熱を取ってから。軽く絞った蕪と和える。 緑が無かったので蕪の葉を飾ったが、柚子の皮でも飾ればなおふさわしい。

軽く手で袋を揉んでそのまま冷蔵庫で3〜4時間。水分がたっぷり出てくるはずです。味を見て漬かってあれば出来上がりです。これはですねぇ、うまいっす!

これは箸休めの一品としてもいいですよ♪冬の食卓は色合いも寂しくなりがちだけど、赤いのが一つあるとそれだけで華やかになります。

かぶは体調を整えるのでよくいただきますサラダにも塩してしんなりさせるといただきやすくておいしいです!

かぶを切って甘酢の中に2日〜3日漬けるだけで簡単に作れます。

冷蔵庫に蕪があったので、蕪の料理を考えてみました!「かぶと豚肉の蒸し煮」です

今のこの寒い時期、葉も根も両方使ってホックホクで美味しい風呂吹きを作ってみな〜い?

カテゴリ:野菜/根菜/果菜|テーマ:蕪(かぶ/かぶら)カブ/カブラ|更新日時:2017-11-13 22:11:23

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>