この食材が主役のレシピ記事を投稿!
更新日時 : 2017-10-20 13:10:14

「タコ(蛸)たこ」料理レシピで、献立の参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルなレシピのブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

刺身用の水だこを、ゆうきの自慢【スイチリ酢ソース】でどうぞ♪彩り鮮やかな野菜を添えてみました。

今日も大成功(^^♪野菜もたっぷり食べる事が出来て良かったです。暑い時期にはもってこい!!な味でした。

ちょっとピリ辛です。ペペロンチーノ好き(=にんにく好き)な方であれば、トマト味にしなくてもおいしいと思いますよ。

皿にレタス・キュウリ・トマトを敷き、和えたパスタを盛りできあがり

ぶつ切りにしたタコをオリーブオイルを熱したフライパンで炒める。2)乾燥バジルと塩で味付け。

切ったタコと生姜を入れてから5分くらい蒸したら出来上がり。三つ葉やわけぎをのせて召し上がれ。

蛸とそら豆も好きな組み合わせの一つです。色といい、形といい、なんだかかわいくな〜い?

たこ焼きになりきれていたかといえば・・・ですが、鉄鍋の保温効果でアツアツ出来立て感をしばらくの間楽しめるのがいいですね。。

タコ、ケイパー、コルニションをバターとバルサミコでソテーし、ざく切りのチコリにのせて戴きます。

茹でタコを使った、マリネ風サラダでございます。 レンコンチップスをのせるだけで、アクセントの ついた一品になります。

お酒に合いますしパーティーの前菜なんかにお使いください。オクトパスとはタコのことです。

ポイントはドレッシングを少し甘めに作ること(そのために甘酢を利用します)です。ドレッシングは油を入れる前に味見をして、酢やニンニクの量を調節してみてください。

シンプルな一皿だからこそ、ちょっとだけ手を加えた方が美味しく感じるのです。もちろん、味もしみやすくなるし一石二鳥。

作ってる段階でめっちゃいい香りがしてます。一口食べるとバジルとニンニクの香りがふわ〜んって広がって、めっちゃ美味しいです。

山芋が効いていました、表面はカリっと、中はふんわり仕上がりましたよ。あと、たこの食感はNICEなので大盛りで入れましょー。。

噛めば噛むほど旨味がでてくるタコを愛用の三河みりんとかめびし濃口醤油でコトコト煮て、とろっとろの汲み湯葉と一緒にいただきました

自分で言うのもなんですが、私が作る「たこ焼き」すっごく美味しいです!なので、外で買って食べるってことはまずないですねぇ。

たこからいい味が出ておつまみにgood! 他にカレー味やピザ味で変化をつけても美味しい♪

オクラのムチンがたこに含まれるタウリンの吸収を促進!キムチにはダイエット効果あり。

さっぱり中華風の白身魚の唐揚げです。野菜もいっぱい食べられるように、たっぷり野菜の上に乗せて、サラダ仕立てにしました。

ピリカラなタコの唐揚げ。熱々を一杯やりながら、どぞ。

ガーリックしょうゆ味のパスタです。たこの足は薄切りにして、硬くならないように最後に加えてさっと炒めてます。

味が決まったところで火を止めてタコとネギ、パセリを加えてざっくり混ぜ合わせたら出来上がりです。これは最高です。ワイン準備してください

ゆっくり煮ていくような料理はシャトルシェフが活躍します。たこと里芋を炊くのも美味しいのですが、今日はたこだけ…

ラップをしっかりとかけ、中火弱で40分蒸し煮にしていきます。┰侏莨紊りに蛸を適当な大きさに切り分けて加え、ラップをして常温で一晩冷まします。

切って混ぜるだけの簡単サラダ。ボリュームがあって、ビールにもワインにもよく合います。

水菜・キュウリ、ゆでたアスパラは水に放してパリっとさせ、水気を切って器に盛る。,鮟舛瓦叛垢襦 めんつゆ、マヨネーズを適当に混ぜ、上からかける。

ガリシア地方はスペイン北西部。ケルト文化が色濃く残る地です。このガリシア風は蛸の食べ方としては超オススメです!

スライスに切ったラディッシュを上へと散りばめ、細切りにした青しその葉をのせる。 6.最後にオリーブオイルをかけて出来上がりです。

白ワインを加えてさらに炒め、クレイジーソルトで味を調えます。千切りにしたスイートバジル・パルメザンチーズを加えてさっと混ぜ合わせて出来上がり

これは簡単でお酒のつまみにも最高です。。タコ刺に飽きたら是非お試しあれ。。(^。^)

単で美味しいタコの唐揚げのレシピをご紹介します。茹でタコがお買い得な時に、長澤家定番のメニューです。ご飯のおかずによし、ビールのつまみにも最高です!

以前働いていたBARでは、一番出ていたメニューのひとつ。洋酒なら何にでも合いますよね、これ。絶対にマスターせねば・・・

ちゃんと固まっていてホッと胸を撫で下ろしました^^ごろごろとたこがびっちり入っていて美味しそう

最後にアーティチョークをトッピングし、乾燥バジルを振りかけて完成です。

焼肉のたれを投入。少しでいいと思いますが、ご家庭に合う味に調えてくださいね。

子どもにも喜ばれる、やわらかタコ飯が手間いらずで作れます。タコはタウリンがたっぷり。コレステロールを抑えたい人にも最適の食材です。

手軽に使える茹でタコを使った簡単レシピです緑黄色野菜の代表格ブロッコリーをたっぷり加えました。

私は上にみょうがをのせました。荒挽きこしょうはたっぷりが美味しいですが、これもお好みで。もちろん、唐辛子を加えてペペロンチーノ風にされてもいいですね。

一口サイズでいただけるので雰囲気はたこ焼き風ですよ。紅しょうがと青海苔の風味がいい感じでお好み焼きとは違う食感を楽しめました

ゴーヤの苦手な方でも食べられます。ちょっと酸味のあるピリ辛の甘味噌だれは、お肉ともよくあうし、サラダのドレッシングにもなるので便利です☆ビールのおつまみにどうぞ

味はタコ焼?お好み焼き?ですが食感はもちもちです!もやしのシャキシャキ感と香ばしいソーもよく合っておいしくできました☆

リッチな赤ワイン入りのソースで、とろけるように柔かく煮たタコと玉ねぎは旨味たっぷり!生もしくは冷凍のタコが手に入ったら、是非試して頂きたい料理の一つです。

お正月の残り物でもできそうなのでちょっとしたおつまみにはいいのではないでしょうかね・・お手軽お手抜きで(^_^;

茹で上がったパスタを混ぜ絡めて大葉盛って完成。和風ソースにキノコが合う、美味しい。

出来上がりに蛸を適当な大きさに切り分けて加え、ラップをして常温で一晩冷まします。

たこは小さく刻むのでゆで蛸の足の残った部分でも十分おいしくできます。たこ の味が生クリームととても良く合って、ベーコンで作るよりあっさりし ておいしかったです♪

水菜の食感も加わりなんともいえません。和風でもありイタリアンでもあり、T・P・Oに合わせていただけるおつまみですね。

簡単です。でも超おいしいので是非作ってみてくださいね。

にんにくとパクチーのパンチが効いた一品です。あっという間にできるので、ちょっとずつ盛りつけて前菜に、またワインのお供にオススメです。

擂り鉢に梅干の果肉、味醂、日本酒を入れて擂粉木で混ぜ混ぜしたら出来上がり。

本日は、タコをトマトソースで煮込みました パスタに絡めて食べたてみたらぴったりでしたよ

本当に簡単で、お酒には相性ピッタリです。 タコを少なめ、キュウリが多めの方が歯ごたえがあり美味しいでしょう。

焼き汁ごと盛り付けて食べてください。見てのとおり本当にあっという間にできちゃう簡単メニューでしたが、ワインのおともに最高でした♪

ご飯を入れてスープをご飯に染み込ませるように炒める。最後にセロリの葉っぱを入れてざっくり混ぜ合わせて出来上がり♪

蛸のお刺身もそのままではなく、一手間かけてオリーブオイルをかけると、白ワインにあうおつまみに。

ふんわりおソース味が付いてるから、上から沿えるおソースは作らずに、たこ焼きみたいにあとひく旨さ!!、楊枝さして、一口サイズでパクパク食べちゃいます!

やっぱり安いし、美味しい時にたくさん食べておかなきゃね〜〜〜ミネラル鉄分豊富なひじきと一緒ねっ

タコと枝豆を入れて余熱で蒸らす。器に盛り付けてパプリカパウダーとドライパセリをかける。

本日7月1日は「半夏生(はんげしょう)」という日だそうです。タコを食べると良いと書いてあったので、こんな料理を作ってみました。

このパスタは、サッと作れて超簡単レシピ過ぎ!!見た目もいいでしょ?とにかく簡単で美味しいので、ぜひお試しを!

ダンナ様には日本酒とともに味わっていただきました。味は悪くないですよ。。。

プリプリのタコとにんにくのよい香りがたまらなく美味しいピラフです。

お皿にたこを並べその上に万能ネギを散らし軽く塩、黒こしょうをふり、オリーブオイル、バルサミコ酢をかけ最後にパルミジャーノをすりおろし出来上がりです。

茹でタコと数種類のお豆を、白ワインビネガーで和えてサッパリ仕上げた、サラダ感覚のマリネです。 

アンチョビーの塩っ気があるから塩は加減してくださいね。ビールがすすみますよ〜♪ビアホール気分でどーぞ!

水菜のシャキシャキとタコ独特の食感がおもしろいサラダです。キムチ味のドレッシングでパンチを利かせてみました。

たこは切らずに大きいまま調理すれば、見た目も豪華でいいですね。トマト缶と野菜の水分だけの濃厚な味わいの料理です。

白ワインにもあいそうな ちょっぴりおしゃれ?なメニューだな〜なんて思ったりなんかしたりして たこのコリコリ感と豆のホコホコ感が面白美味しい

プリップリのタコを入れたにんにくの香りがとってもいい、ピラフです。バターと醤油の焦げた香りがまたまた食欲をそそります。

家で茹でた湯気の上がっているタコなら、もう最高。塩でしっかり下処理をしているので、味付けは特にいりません。

和風でも洋風でもどちらでも楽しめるおつまみメニューです。わさびの風味が食欲をそそりますよ。

たこのプリプリ感ときゅうりのシャキシャキ感が何とも言えないハーモニ〜〜。キムチマヨネーズが暑い夏にはイイ!

味ポン、パスタの茹で汁、塩、胡椒をフライパンへ。茹で上がったパスタ混ぜ絡めて白髪ネギのっけて完成。味ポンうめー。

白味噌と和辛子で和えたきゅうりとたこの組み合わせが何ともGood。 トマトの上にちょっとずつのせながら食べて、とても美味しかった。

これはいいです!今までタコマリネを創るときはバルサミコ酢は控え目でした。その代わりにニンニクのパンチが効いていました。

食べやすい一口サイズに揚げました。青海苔と紅ショウガの風味がとっても良かったですよ。

あっという間に 美味しい1品が出来たよ。チンゲンサイは煮えるのも早くていいね。やっぱ こういう 手早く1品ってのが嬉しいのだ。お味はGOO 〜

レシピというほどではない、超簡単なたこ飯なんです〜。でもやさしくて、美味しし味に仕上がりました

細かく刻んだタコを使ったペペロンチーノです。シャキシャキの水菜をのせてさっぱりといただきました。

今日はタコをいれましたが、乾燥わかめにその他の野菜を加えるだけでも三杯酢があれば、ちょっとした小鉢になります。

茹で上がったパスタを混ぜ絡めてブラックペッパー振って完成。かんたんおいしい。

好みでワインを少し加えてもおいしいです 今日はもう茹でてある蛸だったので、ソース・パスタ・蛸、全部一緒に茹でちゃいました

ピリッと辛いキムチ味のチャーハンって美味しいですよね。いつもは豚肉で作るのですが、今回はタコを入れてみましたよ。

フルーツトマトの甘さと蛸の食感がとてもマッチ。キンキンのビールと冷えたカルパッチョが夏を忘れさせてくれます。

赤と緑で彩りがあって可愛いマリネです。小さい器に盛り付けたので、材料は全部小さめに切ります。その方が味のなじみもいいですしね。

今日はたこをガーリックで炒めて ワインに合うおつまみです 

焼きそばの定番ですね。でも今回はタコで変化をつけてみました。

とまらないのは、タコ!たまらなーい!さっと出来てしまう一品。ぜひ、お酒の席に作って下さいね。間違いなく、あっという間に完売のはず

ポイントは”弱火でコトコト”です。火が強いと、タコの皮がむけてしまいますのでご注意下さいね。とても美味しいです。ぜひ、作ってみて下さいね!

麺つゆのもとを使った、ピリ辛ゴマドレッシングを作って、たことワカメのサラダにかけてみました。ゴマとマヨネーズのまろやかさと、キムチのピリ辛風味

プツプツした具が美味しいのはもちろん、パスタに全ての旨みが封じ込まれているのが嬉しい。

タコを一口くらいに切って、ネギを上に載せます。そこへごま油をたら〜〜〜っとかけて出来上がり♪ほんとにごま油だけで旨いですよぉ〜^^

コショウを効かせずにお醤油の隠し味を加えることでタコが美味しく味わえました

菜の花と長ねぎをたっぷり食べられる、さっぱりしたちいさいおかずをご紹介します。すぐ簡単にできちゃうから、あと1品ほしいときにおすすめです!

トマト と一緒にフルーツ感覚でいただけちゃうもんです。 ドカンと出すサラダもいいけど、こんなオードブル風 に仕上げるもの楽しいもんです。

ゴマ油と醤油で炒めるので、非常に食欲をそそる香りがするのと、七味唐辛子でピリカラなので、食欲が減退するこれからの季節にも良いかも。

ニンニクをオリーブオイルに入れて香りを出す。強火でさっと炒める。塩、コショウで味を調え、バジルソースで風味を加えれば出来上がり。

強いて言うなら、『シーフードと夏野菜のトマト煮込み&サフランライス』と『野菜スープ』かな。

夏はネバネバものをたくさん食べてスタミナをつけましょう。あっさり、ツルっといけちゃいますよ♪

酢の物よりはさっぱり。レモンの好きな方にはオススメです(^^)

何か暑くなって来てちょっとさっぱりしたものが食べたくなります。そうするとよく作るのが酢の物。たこときゅうりとわかめの組み合わせが一番好きです。

ホクホクなじゃが芋と何とも言えない真だこの食感が・・・。これまたバター醤油と合うんですよねぇψ( ̄▽ ̄)ψ。

ドレッシングに使うオリーブオイルは、エキストラバージンを使うと脂っこくなくさらっとフルーティー

水菜・真だこ・マンゴーでサラダを作ってかけて食べてみました!豆乳がまろやかさを出しています

きゅうりのこの切り方はボリュウム感があってたこの味も引きたつ感じ!

茹ダコの味噌漬け。もう少しおかずに近いものにしたかったのですけど。酒の肴ですねー

麺まで炒めたら、ニラを投入し、しんなりする程度にさっと炒めて、最後に塩、コショウで味を調えます。これで出来上がり。

大体の酢だこは水蛸を使うけど、真ダコで作ると格別美味い。真ダコをぶつ切りにして、酢に塩を入れて味を調えタコをつけるだけ。

通常より水加減を少なめにしてお米を炊飯釜に用意して、細かく刻んだタコ、醤油、みりんを加えて、炊飯器で炊いて出来上がり。

キムチ・ニラ・帆立だし・水を煮立てて中に上げた蛸ボールを入ひと煮たちさせます。

いつものひじきの煮物に、タコを入れてみました。磯の香り。タコの旨み!

アドリア海から取れたての新鮮なタコを使用した料理です。国によって味付けの違いが楽しめます。

味付けは、お好みにするためつけませんでした。ポン酢、酢味噌、三倍酢、山葵醤油、ドレッシングでどうぞ♪

タコを加え昆布をのせて炊く。炊きあがったら昆布を取り出して蒸らし、底から持ち上げるようにふんわり混ぜてお茶碗によそう。

蛸の足をぶつ切りにし、少し塩を振り、片栗粉orからあげ粉をまぶし油で揚げる。ただこれだけの料理である。

欧米では悪魔の生き物として忌み嫌われているんですよ。しかし地中海の一部地域では食べるんですな。今日はそんなスペインをイメージした料理

米の食感がもち米みたいになります。モチモチです☆どこぞの駅弁よりもタコがたくさん入ってます。

カテゴリ:魚介類|テーマ:タコ(蛸)たこ|更新日時:2017-10-19 02:10:45

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>