この食材が主役のレシピ記事を投稿!
更新日時 : 2017-06-23 21:06:16

「カレイ(鰈)かれい」」料理レシピで、献立の参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルなレシピのブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

カレイが身がとっても柔らかく煮えて、美味しかった!!魚の煮付けってご飯が進む♪和食は心が和みますね。

淡白な食材との相性もよくなかなかの仕上がりでした。お酒のつまみよりもアツアツご飯のおかずのほうが合うかもしれません。。

本日は、カレイに片栗粉をつけて揚げてから煮汁でさっと煮ました

アルミホイルで落としぶたを作り、カレイを弱火で煮る。あまり加熱すると硬くなるので、火が通ったらすぐに皿に盛りつける。

衣の卵液に白ワインを隠し味で加えることで、お魚の臭み消しにもなるし、ちょっとレストラン風の仕上がりに♪

炊き上がったらカレイの骨を取り出し、全体を混ぜ合わせたら出来上がり 寒い日にうれしい炊き込みごはん、ほっこり温かい食卓を

イタリア風煮魚といったところでしょうか?イタリア語でアクア=水、パッツァ=暴れるで「暴れ水」という名前の料理です

トロカレイ、大好きなのだ とっても安かったので、今日はムニエルでし♪ソースは、赤ワイン味にしてみたよぉ。

ちょっとシャレですが、からすがれいのカレー煮です。白身魚ならなんでも良いかと思います。

蒸しものは掛けるもの次第でバリエーションいろいろ!

ソースを少し変えてみました。中華とエスニックが混ざった様な味・・・このソースは、揚げた鶏肉にも合いそう&ドレッシングにも良さそう・・な感じがしました。

オレガノの効いたマリアナ風のトマトソースを添えました。ワインで蒸し焼きにしたカレイはトマトソースによく合うね。

今日はそのレモン汁をエスニック調のソースにしました。甘くて辛くてスッパイソースを振りかけ香味野菜と一緒に頂くと・・・これ結構イケますよ。

キメの細かいパン粉を使用することにより油の吸収を少なくしてヘルシーに仕上げています。

やわらかいかれいとキムチソースが絡まっておいしく仕上がりました。

柔らかくって脂ののったムキガレイは、こうやって煮付けて食べると美味しいです

今が旬のカレイは、淡白ながらも特有のうまみがあり、味噌ともよく合います また、疲労回復・美肌・精神安定・骨粗鬆症予防などの効果が期待できますよ

酒、みりん、しょうゆの割合を2:1:1にすると誰でも簡単に魚の煮付けができます。応用がきくので覚えておくと便利だと思います。

ソースはあさりのだしだけで十分美味しくできますが 丸ごとの黒カレイを使った場合は骨やアラでだし汁をとることもできます。

フライパンなどの広い面のものがいいのでフライパンを使いました。そうするとカレイも取り出しやすいので便利です。もちろんお鍋でも結構です。

少な目の油で野菜を炒め、片栗粉以外の調味料で味付けして、一煮立ちしたら片栗粉でとろみを付け、熱々をフライにかけて出来上がり♪

温かいムニエルと冷たい三種のソースの温度差の美味しさと、彩りの鮮やかさが印象的な一皿☆さらに洋風だけどラッキョウも…?!活躍しちゃいます^^

カレイをソテーしてマヨネーズにハーブをたくさん入れて焼きあげる簡単レシピ。乾燥ハーブは多めに使用するのがポイントです〜

かれいの唐揚げをいつもとは違ったあんかけでいただきました。 

レモンをギュッと搾って、大根おろしと共に・・・。パリっとした歯ざわりがとても美味しいですよね〜。ほんのり苦いししとうはお口直しに。相性抜群です。

ケチャップベースで玉ねぎ・ガーリックの効いたソースなのですが、魚の臭みを全く感じさせないちょっとオシャレなステーキに仕上がりました。

ちょっと手間がかかりますが、野菜と一緒に煮ると非常に美味しく仕上がります。大根、豆腐の他に牛蒡などを入れても非常に美味しいですよ。

ブルーベリーソースと抜群の相性です。カレイは脂がのっていてとても柔らか・・・つけあわせのインゲンの歯ごたえとシンプルな味が結構病みつきに・・・

トマト缶とコンソメを加え、煮立たせ、カレイを戻す そのまま15分ほど煮、パセリをちらす *カレイをトマトソースで煮てみました。合いますよ(^^)

上品な味付けで、薄口と濃い口のお醤油を2種類使います。方や青魚は、生姜をたっぷりと使い、お醤油の香りを立たせてこっくりとした味に…このへんがポイント

鰈のムニエルを頂き物のパッションフルーツを使ったソースで頂きます。彩りの良い美しいソースに仕上がりました。ワインと共にいかがでしょうか。

野菜はキノコやモヤシ、アスパラなど冷蔵庫の余り野菜を使っちゃいましょうね。シンプルな味付けなのに本当に旨いよ〜。

梅干しを加えたさっぱり煮。あっという間にできてしまう。 青じそなんかを上にふってもいいですねー

かれいレシピ2つめ!ムニエルなんだけど、ナンプラー味なところがポイント。

かれいは皮がはがれやすくすぐ身がくずれやすいのですが、笹の葉を敷いて煮るとくずれにくく鍋底にも付きませんよ(^^)ごぼうが魚の生臭さを消してくれますよ〜♪

煮出し汁を煮立てて調味し、(2)、(3)を加えて水溶き片栗粉でトロミを付けます。 (5) 器に(1)を盛り、(4)をたっぷりかけてユズの皮のすりおろしを散らします。

器に1,のカレイを盛りたつけ上に味付けされた野菜をいれます。

シンプルに今回は、カレイだけを煮付けてみました。昆布は、根昆布を使っているので、やわらかくて美味しいです。

鰈は煮魚かムニエルですが、時にはバジルクリームソースかけは如何ですか、淡泊な鰈が濃厚な味に変化しますよ。

生干し鰈を焼き、醤油で食べるところを、カルパッチョソ−スで食べます。新鮮な味がします、日本酒の冷やした物に合うと思いますよ。

今日はかれいとかぼちゃを使った優しい味のグラタン。 和風ペシャメルソース(?)が美味。

カレイの身がふわふわでソースと一緒にとっても口あたりよく食べられます。たっぷり入っていた卵もふわっとトマトソースとよく合っておいしかったです!

油で焼いたカレイは皮がカリっと身はフワフワしていて、和風カレーあんとよく合いました。野菜がたくさんとれてごはんによく合うさっぱりヘルシーなおかずです☆

淡白なカレイをピカタにして、たっぷりのホワイトソースと一緒にシチュー感覚でいただきました〜^^♪

水を加え、アクを取りながら煮る。大豆・スープの素、ケチャップを加え、中火で15〜20分煮る。塩・こしょうで味を整えて出来上がりです。

味付けの調味料と薬味に濃厚かつあっさりしたカレイのスープがプラスされ、家庭でここまで出来たら言う事なしです。

鍋に2〜5を入れて、煮立ったら、かれいを皮を下にして入れる。 全体に煮汁をかけながら火が通るまで煮てできあがり。

立派な子持ちカレイがスーパーで売ってたので生姜煮にしてみました 煮つけとは、また少し風味が変わっていいですよ

今回のカレイは、夫が釣ってきたものなので、あえて味付けをしませんでした。そのまま食べてもほんのり甘くて美味しかったです。

白身魚にはタルタルソースがとても相性がいいです。 ピクルスの代わりにザーサイを刻んで入れると、ピリッとして美味しい。

今夜はちいとヘルシーで温かい和食が食べたくなり「からすかれいのかぶら蒸し」にいたしました

このソースを使えばとてもサッパリと揚げ物がいただけ、酢の効能で、食欲増進や夏バテ予防にも効果があります。

酒をまぶし塩コショウしたカレイを、溶き卵をくぐらせ、カレー粉の入った小麦粉をつけてバターでソテーするだけ。

カラスカレイを置き2,3の野菜を上からおきポン酢をかけていただきます。

私はカレイなど平べったい魚を煮付ける際、かるーく片栗粉を魚にまぶす。あくまでかるーくね。

焼けたら器に盛り、青のり、ソース、マヨネーズなどお好みのソースでいただきます。

白ネギ、しょうがを入れて、カレイを炒める。最後に黄ニラを加えてサッとあえたら完成。

魚にカレー粉を混ぜた小麦粉をつけてオープンで焼きます。魚が焼けたら野菜をのせます。

煮汁が少なくなったら、煮汁をすくってカレイにかけながら 1〜2分 煮ます。 ←ココがポイント!

[白身魚のチーズ焼き]白ワイン(酒)をふって、フタをし、約2〜3分蒸し焼きにして、△肇繊璽困鮠紊砲里擦謄侫燭鬚靴董■永焼

本名はマコガレイ。カレイの中では大変美味しい。刺身も美味、薄作りに・・・。冬から春にかけてよく釣れます。

かれいの魚の旨味と香ばしさが絶妙!こんがり揚げ上がったヒレのカリカリ部分も、おいしいですよね♪

とろ鰈を水気を切って、塩コショウして、小麦粉をまぶして、パターで焼きます☆

今夜は、カレイを半額で見つけたのとナスが美味しそうに買ってくれ〜って言ってたので『カレイの煮付け』と『ナスと豚挽き肉の煮物』

フライパンにそっとバターを溶かし、バターが焦げて変色しないうちにゆっくりとカレイをおきます。

カレイを盛り付ける際、箸は使わずにフライ返しを使うと形がくずれないよ\(^O^)/完成 まいう〜

カラッとソテーししたカレイにレモンベースのオニオンソースを添えました。粒マスタードの刺激が淡泊な白身魚に良く合います

ルーを使って簡単にクリームチーズソースを作り、カレイのムニエルに添えました。

カレイをニンニクオイルでソテーし韓国風のピリ辛ソースで頂きます。ご飯によく合うステーキで

カラスガレイに塩、こしょうをし、小麦粉をつけて油で焼きます。

カテゴリ:魚介類|テーマ:カレイ(鰈)かれい|更新日時:2017-06-19 01:06:00

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>