この食材が主役のレシピ記事を投稿!
更新日時 : 2017-12-08 13:12:22

「蛤(はまぐり)ハマグリ」料理レシピで、献立の参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルなレシピのブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

コンキリエとハマグリで貝の競演です♪クラムチャウダーはとろみをつけないスープ系に仕立てています。

更に和風らしく仕上げるために、最近手に入れた山椒の実の佃煮を一緒に入れての挑戦。ハマグリのダシと山椒の実のピリリとする感じがチーズとも高相性〜!

[秋シャケの蛤とオクラ仕立てアクアパッツァ風]蛤のうまみが出たスープとシャケが一体になり、めっちゃ美味しいです。

はまぐりを使った、いわゆるボストンクラムチャウダーです。はまぐりのダシがおいしくて、ある一点に気をつければ絶対に失敗なく美味しく出来上がります。

私が子供のころから親しんでいるこのカレー。はまぐりのだしが効いてとっても美味しいんです。

いつものあさりからレベルアップしてはまぐりの酒蒸しを作ってみました。さらに旬のほたるいかも合わせて海の幸をめいっぱいいただきました。

あさりと比べて味のインパクトは強くないのだけど後からあとからじわっと旨みが出てきて大人の味(*ノωノ)

茹で上がったタリアテッレを加えてソースを絡めます。塩・こしょうで味を調えて、最後にそら豆・水菜を加えて、完成〜♪

蛤しんじょをスープ皿の真ん中に盛りつけ静かにカレーを注いで完成

彩りにみつばをあしらえば出来上がりです。あっさりしていて美味しいどんぶりです。お酒が残っている朝食にも最適かと思います。

炊きあがったら蒸らした後、はまぐりの身を混ぜ合わせてЛΔ砲いらをかけ、糸みつばを飾ってできあがり

器にはまぐり、たまご豆腐、菜の花、にんじんを入                        れ汁を注いでできあがり。

ハマグリの出汁とチンゲンサイの食感!胡椒を強めに振っていますが、卵を加えていますのでバランスがとれています。

大きなはまぐりで汁物を。はじめ、酒蒸しして、だし汁(こんぶ&しいたけ)をたっぷり入れて、塩と醤油を少しだけ。だしの三重奏で、調味は少しだけ。

パスタはプツプツの歯ごたえ、ハマグリのエキスたっぷりのトマトソースは、トマトの味がちょっと勝っちゃったかな・・・と思いつつ、でも満足。

キャベツに蛤エキスを吸わせるため、最後に少し煮詰めました。貝から出る塩分もあるので、お塩はお好みで加減して下さい。

舞茸とちりめんじゃこ&しめじという山と海を組み合わせたご飯のお供。土鍋で炊いたオコゲつきご飯にバッチリ合う。

レモン汁をかけていただきましょう オーブントースターで焼くと殻が割れてパチパチいいます

牛乳を使った優しい味のシチューです。意外なほど簡単に作れるのですよ。

鍋に昆布、酒、1の貝をいれ、煮立て、沸騰したらアクを引いて塩と醤油で味を調える。3)豆腐は軽く熱湯で茹でて水切りをして、2に加え温める。

5)蒸し煮にして、殻が開いたらすぐに火を止める6)器に盛り付けて出来上がりどうぞ 召し上がれ!

あまりに美味しすぎです キンキとハマグリの上品なダシ お米がつやつや お焦げがまた香ばしい 最高!

我が家でも最多登場メニューの1つです。これで軽く冷やしたお酒をくいっと。。。美味しいですよ〜

貝の口が全て開いたら醤油を加えて煮汁を少し飛ばします 器に盛ってあさつきをパラパラとかけて出来上がりです

いかにバターが溶けないうちに混ぜて冷やせるかで、サクッと仕上がるかガシッと硬いものになるかの分かれ目になるとおもう。

味付けはシンプルです ☆蛤(ハマグリ)を白ワイン蒸しにし、ルッコラとパスタに絡ませるだけ!!!赤唐辛子(鷹の爪)を加えていますのでピリリと大人味です。

アサリとはまた別の素晴らしい風味とコクがあります。すごくおいしいです

今日はエビも加えちょっぴり贅沢な海の幸のクリームパスタです。

やっぱり、はまぐりは美味い!!いいダシが全体に広がり、たまりません。はまぐりにも塩味があるので最後に加える塩は味を見て調整してくださいね。

エスカルゴはなかなか手に入らないのでハマグリをエスカルゴバターで焼いてみました。

今日はおもてなしにも最適なお吸い物ですハマグリは、甘みとうまみ成分を多く含んだ濃厚な味わい薄味にするのがポイントです

はまぐりの味を堪能したかったら、余計な具材は一切加えません!もうこれだけで最高の味に仕上がりました。

塩・胡椒で味つけし、パセリのみじん切りを混ぜたら出来上がり はまぐりのダシが全体に絡み、とても美味しいパスタになりました。

沢山のはまぐりが手に入ったのでパスタにしました。ちょうどダンナ様の実家から完熟トマトが届いたので一緒に使いましたよ。

はまぐりと白魚は、火を通しすぎないようにする。 溶き卵は2回に分けて加え、半熟に仕上げる。

お子さま行事の料理:はまぐりのスープ・菜の花添えハマグリの口が開いたら、塩、しょうゆで味を調える。器に盛り付け、菜の花を添える

大粒のハマグリを頂いたので、香草焼きにしてみました。香ばしくって身はふっくら。ダーリンにも大好評でした

ブルゴーニュ風とはにんにくとパセリを混ぜたバターをのせて焼き上げた物の事

[ハマグリと水菜・キノコの和風パスタ]美味しそうなハマグリと水菜を買ったのでどうやって食べようか考えた末にレシピ無しで感性で作成(笑)

蛤の潮汁ですが、ウチでは、飾りの桜の塩漬けで味もつけちゃいますので、「蛤の桜汁」と呼んでおきます。。

ぐつぐつしちゃいます。食べるようでなく、あくまで出汁用。そんなもったいないレシピのひとつかもしれませんね。

<蛤と筍のおこわ>蒸し時間は様子を見て調節する。時間を延長するなら蛤を入れて10分後にもう一度つけ汁をかける。

蛤のソースが余ってしまった。。。勿体ないからリゾット作った(^。^)そしたら〜!めっちゃ美味しかった!!!

うどんだしはあまり入れすぎず味付けする程度に入れる方がおいしいです。ハマグリのおだしがすごくきいて私は大好きです^^

気軽に作れる一品です。いつも目分量で味付けしているので、同じ味を再現できないのですが、まあ、おいしいですね。

はまぐりをショウガ仕立てのスープにしました。夏向きのさっぱり味です。

素材の美味しさをそのままいただきたいのが潮汁です。素材は新鮮なものを選び、だし汁を使わずにおすましでいただきましょう。

カテゴリ:魚介類|テーマ:蛤(はまぐり)ハマグリ|更新日時:2017-12-08 11:12:17

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>