この食材が主役のレシピ記事を投稿!
更新日時 : 2017-05-17 04:05:12

「サヨリ(細魚)さより」料理レシピで、献立の参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルなレシピのブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

細魚で黄菊と菜の花を巻いき、残った寿司飯に黒胡麻を混ぜて油揚げに詰め、三つ葉で縛る。

仕上げにかけた、クロネイケ種(ギリシア産)のEXVオイルがフルーツ香を漂わせ、甘めな白ワインと、めっさ相性がよかったです。

たいていのサヨリは細魚という名の通りとっても細い魚。そのせいか、刺身におろすのが大変そう!!と思う人も多いようです。わが家も以前は・・・

[サヨリと山ウドの柚子ポン和え]山ウドとキュウリを入れサヨリを盛り、繊切りした柚子の皮を天盛します。ポン酢に柚子の絞り汁を混ぜ、さよりにかけます。

淡白でとても美味しかったです。 辛口の日本酒をキリリと冷やして、口を洗いながら食べたいような味です。 私なら辛口の白ワインでもいけます。

軽く酢漬けにしたサヨリは 生のままとはまた違った味わいになりました。 思いつきの割りには、日本酒に合う小鉢物として成功しました。

さよりは3枚におろし両面に薄塩をして30分置いておく 酢洗いして皮を引き細作りにする

南蛮酢を市販調味料で簡単に作ってしまいましょう!!味ポンと、すし酢を【3:2】で混ぜるだけ!!

ホクホクのサヨリとシャキッとアスパラはバッチリ!!ヾ(@~▽~@)ノ 簡単で美味しいですよ〜〜〜〜〜

あまり濃い味にせず、あっさりめの味付けが美味しい。 さよりの旬は、2月〜4月にかけてで、春を告げる魚とも言われているようです。

黒こしょうは多めに、挽きたてをカリッカリッと散らすとさよりの臭みが抑えられますよ♪

[飯&吸い物&パン粉焼&オイルサヨリ&昆布〆]ご飯はむっちゃヒットでした 魚に臭み無いので美味しく炊き上がります。でもサヨリは色々な料理できるんで楽しいです。

さよりは見た目も涼しく、今日にはぴったりの食材だと買い求めました。

この長さを活かして何を巻こうか?なすが意外とさっぱりでドライトマトがアクセントになって、いい感じでした。

身はあっさりと上品な風合いで、新鮮なものはコリコリした歯ごたえがたまらなく美味しく、色々な食べ方ができます。

今回は天ぷらにする事で、淡白な「さより」にコクをプラスしてみました。爽やかな香りを持つ大葉とも非常に相性が良く、おもてなしにも最適な料理です。

[カルパッチョ]家で細作りにするには、技術を要するので今回はお魚屋さんに切って貰いました。春の味を満喫しました。

これまた、美味しい タルタルソースがまたうまい

サヨリをきれいに並べて、昆布でサンドする これを、ラップできっちりと包み、冷蔵庫に入れておく

[サヨリと野菜の酢の物]おかずにはならないと思いますが1品で出してみてはいかがでしょうか?

腹開きでこしらえておいた、造りや鮨ネタ用の針魚の皮。三枚に卸してしまうと、うまく煎餅状には焼けない。その場合は、串にまきつけるといい。

桃の節句にぴったりの魚です。刺身、干物などでも売られていますよ。『サヨリの青しそ天ぷら』

カテゴリ:魚介類|テーマ:サヨリ(細魚)さより|更新日時:2017-05-16 20:05:03

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>