この食材が主役のレシピ記事を投稿!
更新日時 : 2017-03-23 07:03:13

「スズキ(鱸)すずき 」料理レシピで、献立の参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルなレシピのブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

山葵醤油で食べる とか 柚子胡椒もいいですね 胡瓜にポン酢を含ませて爽やかな 滋味 酒 呑むべし...ですね

完成したパイはすぐに焼かず、冷蔵庫の中で20分ほど休ませる。220℃に予熱したオーブンで20分。色づいたら170℃にして更に40分。

冷えたらきざんだスズキの皮と茹でた菊花を入れて、流し缶に流して冷蔵庫で冷やし固める。

粗塩と香草、良質のオリーブオイルでマリネして、お魚の旨みをしっかりと引き出す事が、この料理のフランス料理たる所です。

鱸を薄造りにし、タレを散らし、最後に、しょうが、大葉、青ネギのみじん切りをかける。すっぱーくて、夏によく合う肴になりました。

やさしい口当たりと、香りを楽しむために白味噌や信州味噌がおすすめです。魚の味が引き立つでしょう。

ハーブを多めに入れてみた。香りが良くておいしかった〜かなりあっさりしてます。

レストランのメニューなどでもよく目にする「スズキのプロヴァンス風」は、スズキと夏野菜を組み合わせてプロヴァンス風に仕上げた夏のお薦めフランス料理。

器に昆布〆した昆布を敷き、菊花とほうれん草とスズキの糸造りを彩り良く盛る。酢橘しょう油でいただきます。

オリーブオイル 20ccを足して煮汁にとろみをつけます、塩・胡椒で味を調えます、イタリアンパセリを振りかけできあがりです

オリーブオイルがフツフツと煮立っている間に召し上がっていただきたいと思います。ホワイトソースを使わない分、カロリーもぐっと控えめです。

レストランでお魚料理の定番「スズキのポアレ」シンプルなお料理なので、家庭でも簡単に作れる一品です。

りんごの擂ったものとたまねぎ・とまと2個を ブレンダーにかけたものを混ぜ合わせ、生姜・あたり胡麻・醤油・出汁・バシル2枚で10分煮込むだけ!

[のスパゲティニー]初夏から夏になりますね。という事で、この、パスタをお出しし始めております。お客様からは、パスタに,鱸をつかうのね〜、と言って頂きました。

盛り付けは トマトソースの上にスズキをのせてグリーンの葉を添えて召し上がれ★

一緒にローストしたハーブ・ローズマリー  にんにく・セージの葉・バジルの葉を飾ります、 周りにソースを飾りになるようにスプーンで  落としていきます、

白ワインを入れアルコールを飛ばしたら、水大さじ2(分量外)、コンソメ、生クリームを入れます

皿にマッシュルームを載せ、ソースを周りに流し、焼きあがったスズキを載せる。アンディーヴを飾り、万能ねぎを散らす。

キノコ類・スナップえんどう・すずきをのせて、レモン搾り汁をたっぷりとふりかけます。アルミホイルで全体を包み込み、30分蒸します。

各食材を卵白にくぐらせ、グラハム粉をまぶして170度の油で揚げます。塩・黒胡椒を軽くふって、皿に盛り付け、ガーリックバルサミコソースをまわりにのせます。

カリッと焼いた鱸。シャキッとした食感を残したレタス。辛さ控えめ、ほんのりカレー味で子供でも大丈夫。

じゃが芋の表面はカリッと、中味はフンワリと仕上げたいので、焼いてる途中にフライパン返しで押しつぶさない。両面ともキツネ色に焼きます。

にんにくは絶対に必需。オリーブ油も。あさりの出汁と合わさって、とても美味しい煮汁になりました!!

冷たい雑炊とアツアツのスズキ、この組み合わせがGOOD!梅干の酸味&大葉のさわやかさでさっぱりいただけます♪

調理法は至ってシンプルにムニエル仕立てに、仕上げはさっぱりおろし大根を添えました。なんとなくフレンチっぽくていい感じではありませんか??

思った以上に美味しくて、感動〜〜!! スズキってお魚、今回初めて使ったんですが、実がジューシーで柔らかい(*^_^*)

我が家も鱸の蒸し物中華風に致します 鱸は両面薄塩をしてバットに並べ生姜の薄切り、ネギを乗せ酒をふって蒸す

新鮮なスズキをさっとポワレしてブールブランというバターソースをかけます。簡単にできてとても美味しいソースです。

今回はわさびを使って、ちょっとだけ和風にしてみました。いやー、これはいけます。おなかも大丈夫です。夏場は結構入荷されるのかな?

ジャガイモの千切りでスズキを包んで、弱火でカリッとするまで焼き上げます。

バター&アンチョビの塩味が絶妙!お好みにより茹でたにんじん、ジャガイモを添えてお召し上がりください。

カテゴリ:魚介類|テーマ:スズキ(鱸)すずき|更新日時:2017-03-21 02:03:33

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>