この食材が主役のレシピ記事を投稿!
更新日時 : 2017-03-23 13:03:27

「カマス(かます)/カマスゴ」料理レシピで、献立の参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルなレシピのブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

出来上がった冷汁☆をかけます。そして、お茶漬けみたいにさらさら〜♪と食べるのです。きゅうりのシャキシャキ感と程よい、胡麻と大葉の香りが食欲をそそります

見た目にも洋食の逸品に見えますが、和食としては「かまぼこのアレンジ」だと考えれば、十分に通用します。女性のお客様に、人気のある一品です。

皮目から、焼く、裏返して、表を焼く。(皮目6ぶ・身4ぶの割合で) 白身の魚なので、塩は控えめにすると良いです

ガス台で美味しく炭焼きのように焼くにはコンロに焼き網を乗せ、そこにおかきなどの缶の底を切り取ったものを置きその上に串刺しの魚を置いて焼きます。

土佐酢も初めて合わせてみましたが、だしがきいていてマイルド〜♪な味に仕上がりました。「つんもりと」盛る、と言われますが、これがなかなか難しい

小さめのカマスを三枚におろし、幽庵汁につけて豆腐、ゴボウ、人参、三つ葉を巻いて焼きました。

ようじを使って形を作ると、お店で出てくる焼きもののようで、いい感じでてる?

カマスの干物は焼いて食べますが、此の焼いたものをオロシ和えにすると美味しいですよ。たまには目先を変えて、和え物は如何でしょうか?

ふきんでつつみ鯖寿司を作るように作り、形を整えます。涼しいところに2〜3時間置いてから、食べると締まった味がして美味しく戴けます。

そして今日はカマスのお魚料理に初挑戦!!カマスは塩ふって塩焼きにし、にんじん、ニラなどの野菜たっぷり中華あんをかけました★

両面焼けたら軽くバーナーで表面を焼いてオリーブオイル、バルサミコ酢、黒胡椒、イタリンパセリを飾って出来上がり。バルサミコ酢がない場合は檸檬を…

どんどんハーブを使ってください バターの香りもワインの酸のバランスも良いです

「炊き立ての麦飯にぶっかけて食べると格別にうまいぞ!」とのことでしたが、雑穀米でもうままま!

パンと何か:カマスのちらし寿司カマスのちらし寿司には、カマスの干物・みょうが・大葉・炒りゴマが入っています。

冷や汁をつくってみました。宮崎の女としては避けてとおれません。ご飯は麦飯がよくあいます。(押し麦をまぜました。)

皮目が香ばしく、身はシットリとして味ははっきりと主張している。今はディナーでお出ししている

かりっと揚がってておいしそうでしょ?しかもカルシウムが豊富 お酒のおつまみにもいけるよん

骨まで食べるためには低温でじっくり揚げるスダチをかけて、塩をパラパラ振っていただきます。

ボールに砂糖・酢・酒・しょう油の順に入れよくかき混ぜタマネギを入れて漬け込む。 かますごをグリルで通常通り焼く。

カマスは時として沢山獲れるので小さいものが一山いくらで売られているときがあります。その時は何も考えずに干物にします。

イタリアンの一品みたいな感じに出来上がり♪♪♪カマス料理も、使い方によっては、こんなモダンな料理になるんだなぁ。

カテゴリ:魚介類|テーマ:カマス(かます)/カマスゴ|更新日時:2017-03-21 13:03:58

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>