この食材が主役のレシピ記事を投稿!
更新日時 : 2017-04-16 16:04:35

「ギンダラ(銀鱈)ぎんだら」料理レシピで、献立の参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルなレシピのブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

コンソメとローリエを入れて野菜が柔らかくなるまで煮込む。柔らかくなったら、銀だらを入れ、火が通ればパセリと塩を加えて、火を止める。

今日はパワーも時間もなかったので、簡単メニュー。銀ダラと白菜をお鍋にドンドンいれて、白菜から出てくる水分でギュギュ〜と煮るだけ。ポイントは干し海老と豆板醤!

火が通りやすい食材ばかりなので煮込まなくてもおいしいです。カレールーを少ししか使わないのでヘルシーです。

実は食べてから塩コショウを忘れたのに気がついて、あとで振ってます。うーん。物忘れが?魚食べたから、少し頭が良くなったかしら。

あたし、銀だらって大好きなの。美味しいよね、ね、ね。塩焼きが一番好き。小さい頃から大好きで、食卓に銀だらがあると、もー、すっっっごい嬉しかった!

いつもの煮魚にみりんを加えず、ちょこっと残ったリンゴで甘みを付けて、トマトで酸味。にんにくも利かせてお醤油でまとめます

冷凍モノのカチンカチンの銀ダラだったので、あえてイタリアンにしてみました。結果は大正解。これ、いけますね。

梅肉でさっぱりといただいて風邪を寄せ付けない元気なからだにしたいと思います。

きのこをすべて炒め、残しておいたつけダレを加え、しょうが汁も加えて味つけし完成!!銀だらに和風きのこソースをかけてできあがり♡

ふわっとろな白身にちょい濃い目の甘辛味が美味しいです。

yosinagoto:銀ダラの西京焼き焼き上がり直前に、はけでみりんを塗ると、照りよく仕上がります。シートに並べて、オーブンで焼いてもOK。

ブランダードとはニンニクを効かせたクリーミーなマッシュポテトの中に鱈を練りこんだような料理で、フレンチのお店で登場することがあります。

いやー、実はこれ自然をイメージして作ってみました。キュウリが木、つまみ菜が草、タラが海、トマトが太陽!

そろそろ寒くなりはじめて銀だらが目に入るようになりました 酒の分量を多くして上品な甘さに仕立ててます♪

ボールにオリーブ油・塩と粒コショウをすりながら入れ、味をみて塩加減を調節する。その中に野菜を混ぜ合わせ、銀ダラをサックリ混ぜ完成。

途中で煮汁をスプーンなどでかけながら煮汁をしみ込ませます。煮汁が少なくなるまで煮込み、火を止めます。

わかめのざく切りと、水にさらした長ねぎの斜め薄切りをつけあわせる。たれに絡めながら食べると、付け合わせもおいしいよ♪

焼いてる途中でアルミホイルを空けて、ポン酢をかけると味がしみて良いよ〜!!

お砂糖とお醤油は控えめにしています。にんにくを使ったレシピは体調万全のときお勧めしま〜す。

フライパンを火にかけてからごま油を入れてタカノツメを入れてから銀ダラを入れ少し火を通してからゴボウを入れます。

あんまり頻繁に作るとしつこいけど、たまにはこんな一品もいいものだよ。材料さえあれば結構パパッと出来ちゃって簡単。重宝するセコンドです。

ホイルで具を包んで焼くだけの簡単レシピです。鱈の味が出て美味しいですよ。

カテゴリ:魚介類|テーマ:ギンダラ(銀鱈)ぎんだら|更新日時:2017-04-21 22:04:30

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>