この食材が主役のレシピ記事を投稿!
更新日時 : 2017-03-21 22:03:10

「平目(ヒラメ)ひらめ」料理レシピで、献立の参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルなレシピのブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

セルクル型にサーモン・ヒラメ・サーモンと入れ型をはずしたら出来上がり。見た目がとってもお洒落なオードブルになった♪

煮汁を残し取り出し、小麦粉とバターを練ったものを入れ最後にエバミルクを入れ塩で味を整えレモンを絞ってソースが出来上がる。

甘くてトロッとした桃が意外に美味しいんです、リーフ類ともよく合いますレモンをきかせていただくととても美味しくなります

薄く切ったヒラメにバジル風味のドレッシングをかけてカルパッチョにしました。ちょっと贅沢な一品です。

この料理もCAS冷凍技術を利用したヒラメを使いました

いやいや、意外に美味ですね。かなりチャレンジ企画だったのですが見てくれもうまく収まり視覚と味覚の双方で楽しめました。

昨夜は、ポワレというか、少々...粉をまぶしてムニエル仕立て。ヒラメはすでにフィレにカットして待機していましたから、塩コショウ+粉をして焼いただけ。

紫タマネギ(蔵王産) のスライスを甘酢に漬けてソース代わりにそえます。なかなかよく会います。

ごはん・刻み海苔・魚の順に盛り付け、仕上げ用にとっておいたタレをかける。 わさびを載せて出来上がり。

白身魚であれば鯛でも鱈でも何でもいける。仕上げにかけるたれがGOOD♪

プチトマトもオーブンで焼くと甘みが増してとっても美味しいです。お手軽イタリアン、ワインとともにどうぞ。

今回は随分前に鶏の手羽や手羽元と残り野菜で作って冷凍にしておいたブロード(出汁)を使ってみました。少しスープパスタチックのパスタになりました。

ヒラメをゲットしちゃいました。ついでにあさりもお買い上げ!そして思いついたメニューが簡単ヒラメのアックアパッツア風〜。

よく熱したフライパンに万能つゆとバターを加えて少し煮詰める。(和風ソース)長澤家の万能つゆは白身魚のムニエルとの相性も抜群です!

身は、ほわほわ♪ソースもお魚によくなじんで、美味しく頂きました。。食べる寸前にソースをさっと掛けまわすのがポイントかも。。。

ここ2度ほど作った真鯛や平目の昆布〆が美味しかったので、今回はおぼろ昆布で〆てみました。

少し面倒な料理だけど、意外と簡単!トマトソースは事前に作り置きして置けば、ソテーしてマッシュポテトを作るだけです。記念日なんかにいかがでしょうか?

ヒラメは薄いので塩こしょうは加減しましょう 卵に包む時は1個分ずつ作ります

ふんわりフワフワな食感の、おつまみのようなお菓子のような。歯がなくても食べられるくらいです。

[ヒラメのカルパッチョ]小振りの平目を五枚におろし、縁側ごと薄くスライス。塩を軽く振ります。

ノーマルのフライでも十分旨いのですが、子供は結構喜んでいました。

そのまま冷蔵庫で一晩漬け込みます。次の日の晩にはとても美味しい昆布シメが出来上がっていることでしょう。身が澄んでくるのがつけあがりのサインです。

[ヒラメのムニエル]初めて作ったけど、ハーブミックスのおかげで良いお味でした そうそうベランダで育てているローズマリーも使いました

脂がのったエンガワはコリコリの食感。噛みしめるほどに旨味が広がります。1人前680円とちょっと贅沢な朝ごはんですがそれに見合うだけの一杯でした。

ヒラメにれんこんのソースをかけ、上に揚げたごぼうをのせて出来上がり

最後にバターを加えて、ソースを仕上げます。温めておいた魚を皿に盛り、上からソースをかけて出来上がりです。

カテゴリ:魚介類|テーマ:平目(ヒラメ)ひらめ|更新日時:2017-03-21 22:03:19

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>